無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

5
シャッ!
リサ
リサ
!?
ジョシュア
ジョシュア
…………
リサ
リサ
なんだ…あんたか…
ジョシュア
ジョシュア
あんたかはないだろ!?
リサ
リサ
チッ! ウザ!
ジョシュア
ジョシュア
ウザくて結構
何故か男の人がお風呂に入ってきた。
しかも裸で…
リサ
リサ
なんでおるの?出てって
ジョシュア
ジョシュア
やだね、入っちゃったしwww
リサ
リサ
ハァ…勝手にどうぞ
ジョシュア
ジョシュア
なんだよ、その言い方はよ!
リサ
リサ
お前がウザイからだよ!
ジョシュア
ジョシュア
あー、そんなこと言っていいんだー…
リサ
リサ
だから何よ!
ジョシュア
ジョシュア
そういう子にはお仕置きが必要みたいだね…(爪を腕に当てる
リサ
リサ
え…?
男の人は腕を引っ掻いた。
そして、血が垂れて私の口の中に入った。
ジョシュア
ジョシュア
"ブラッド・メディスン~愛の媚薬~"
リサ
リサ
んっ…ゴクン…
ジョシュア
ジョシュア
飲んだね…?
リサ
リサ
え…?
ジョシュア
ジョシュア
効果が出ちゃうかも…(ニヤッ
リサ
リサ
…………………………
------5分後…------
リサ
リサ
ハァ…ハァ…アッ…ンッ…/////
ジョシュア
ジョシュア
凄っ…効果でたしwww
リサ
リサ
ハァ…ハァ…ンッ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
俺の…ほしい?
リサ
リサ
ハァ…ハァ…/////(頷く
ジョシュア
ジョシュア
じゃあ、食べられてもいいんだね…?
リサ
リサ
うん…早く…食べてぇ…ハァ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
じゃあ、いただきます…
男の人は私にキスをした。
なんでだろう…離さなくなってしまった…