無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

6 🔞
チュッ…チュッ…チュッ…
リサ
リサ
んんっ…チュッ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
チュッ…ハァ…バテるの早いんだけど?www
リサ
リサ
ハァ…ハァ…早くしてよぉ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
ちょっ、焦るなって!!
そう言うと、男の人の手が私のソコに触っていた。

クチッ…クチッ…クチッ…
リサ
リサ
んやぁ…ハァ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
ねぇ…なんかヌルヌルしてるけど…?
リサ
リサ
いやぁ…お風呂の水なのぉ…ハァ…/////
ジョシュア
ジョシュア
へぇ…お風呂の水かぁ…
俺もう無理だから入れてもいい?
リサ
リサ
うん…早くきてぇ…/////
ジョシュア
ジョシュア
いくぞ…!
リサ
リサ
…っ/////
ズプズプズプズプズプ…

男の人のモノが私のナカに入ってきた。
リサ
リサ
んあああああああああっ…/////
ジョシュア
ジョシュア
うっ…きつい…動くぞ!
リサ
リサ
うん…/////
パンパンパンパンパンパンパンパン!!
リサ
リサ
んっ…あっ…あっ…んっ…やぁ…/////
ジョシュア
ジョシュア
んはっ…熱くて気持ちいい…/////
リサ
リサ
んああっ…あなたのも温かくて気持ちいい…/////
ジョシュア
ジョシュア
んっ…はぁ…/////
パンパンパンパンパンパンパンパン!!
リサ
リサ
んやぁ…もうイっちゃう…/////
ジョシュア
ジョシュア
んっ…一緒にイこ?
パンパンパンパンパンパンパンパン!!
リサ
リサ
んやぁ…イク…/////
ジョシュア
ジョシュア
んぅ…/////
チュポン!

ビューーーーーーーーーーーーーーーー!!

男の人は、私に目掛けて欲をかけた。
リサ
リサ
んっ…はぁ…温かい…/////
ジョシュア
ジョシュア
どこで習ったんだよ、そのセリフwww
リサ
リサ
ハァ…ハァ…知らないの…/////
ジョシュア
ジョシュア
そう…
そうだ、男の人の名前聞いてなかった。
リサ
リサ
あの…名前は…?
ジョシュア
ジョシュア
…ジョシュアだ
リサ
リサ
ジョシュア…様…
ジョシュア
ジョシュア
……………………
リサ
リサ
なんで私のところに来たのですか?
ジョシュア
ジョシュア
…お前が好きだから
リサ
リサ
え…?
ジョシュア
ジョシュア
驚くことはないだろ!?
リサ
リサ
嬉しい…
ジョシュア
ジョシュア
え…?
リサ
リサ
私、好きって言われたことがなくて…
ジョシュア
ジョシュア
親にもか…?
リサ
リサ
うん…
ジョシュア
ジョシュア
大丈夫、俺が愛してあげるから
リサ
リサ
ありがとう…ジョシュア様…
私は、ジョシュア様に抱きついた。
ジョシュア様も私のことを抱きしめた。
ああ…これが愛なんだな…
ジョシュア
ジョシュア
リサ…
リサ
リサ
はい…
ジョシュア
ジョシュア
俺の血を吸え…
リサ
リサ
え…なんで…?
ジョシュア
ジョシュア
好きになったものは血を吸うという洗礼があるんだ…
リサ
リサ
そうなんだ…
ジョシュア
ジョシュア
ああ…だから…吸え…
リサ
リサ
わかったわ…
私はジョシュア様の首筋に牙を当てた。

ガリッ!
ジョシュア
ジョシュア
うっ…
リサ
リサ
ジュル…ジュル…ジュル…
ジョシュア
ジョシュア
うぅ…リサ…
リサ
リサ
ジュル…ハァ…(離れる
なんでしょう…?
ジョシュア
ジョシュア
こんな俺ですけど…付き合ってください!
リサ
リサ
はい…お願いします…^^*
ジョシュア
ジョシュア
ありがとう…リサ…
リサ
リサ
いえいえ^^*
私たちは、付き合うことになった。
私は、ジョシュア様に会えてよかった…
ジョシュア
ジョシュア
^^*
リサ
リサ
^^*