無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8
ジュル…ジュル…ジュル…
ジョンハン
ジョンハン
うっ…はぁ…
ジェニ
ジェニ
ジュル…ジュル…ジュル…
ジョンハン
ジョンハン
うっ…ジェニ…よせ…もうわかったから…
ジェニ
ジェニ
プハァ…ジョンハン様…
ジョンハン
ジョンハン
はぁ…はぁ…お前吸いすぎwww
死ぬかと思った
ジェニ
ジェニ
ごめんなさい…
私はジョンハンのことが好き…
だから…好きな人に血を吸うという洗礼を受けていたの…
ジョンハン
ジョンハン
俺の血…美味しかった?
ジェニ
ジェニ
うん…とっても…^^*
ジョンハン
ジョンハン
よかった…
ジェニ
ジェニ
ふふ^^*
ジョンハン様…なんか顔が赤いわ…もしかして…照れてるのかな…?
ジョンハン
ジョンハン
俺…さ…
ジェニ
ジェニ
うん、どうしたの?
ジョンハン
ジョンハン
ジェニのこと…好きなんだよな/////
ジェニ
ジェニ
え…?
そうなの…?
ジョンハン
ジョンハン
ああ…お前と出会ってからかな…?
ジェニ
ジェニ
私が…人間だった頃の時?
ジョンハン
ジョンハン
うん…/////
やっぱり…私は人間だった頃のこと思い出したんだ…かっこいい人はジョンハン様だったんだね…
ジェニ
ジェニ
私も…出会った時から好きだよ?
ジョンハン
ジョンハン
ほんとに?
ジェニ
ジェニ
うん^^*
ジョンハン
ジョンハン
ありがとう…
ジェニ
ジェニ
いえいえ…^^*
ジョンハン
ジョンハン
ジェニ…愛してる…
ジェニ
ジェニ
私もよ…ジョンハン様…
私たちは抱き合った。
だって、大好きな人はジョンハン様なんだから…


ジョンハンside

俺は、ジェニが好きだ
ジェニに指一本触れようとしたら許さない
俺はジェニを守る!
絶対に守ってみせる!