無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

💎






















暗かったステージは一気に光に包まれ、






















































スクリーンには、文字が映し出されていた
















































" To あなた "
































BGMとして、流れているのは





昔、私とジフナで1週間ろくな睡眠もとらず頑張って作った













































" 笑い花 "




























































今日のライブの写真が次々と映し出され、































曲も終盤へ。









































なんて、もう終わったんだと思うと、


























































































すんちょる
すんちょる
   あなた  




















私と同じ舞台に目を向けると、
































優しく微笑む、私の知ってるお父さんのようなすんちょる오빠が
























































































SEVENTEEN
SEVENTEEN
   おかえり!!  














そう言うと同時にメンバーは一気に私の元へ走ってきてくれた














































me
me
  わぁぁっ!!  
me
me
   ちょっ、、重いよ!!ㅎㅎ  
すんぐぁん
すんぐぁん
   おかえりなさい!!ヌナ、、ッ  
うぉぬ
うぉぬ
   待ってたかいがあったな  
じゅん
じゅん
   相変わらず、
誰よりも輝いてたよ
ちゃん
ちゃん
   やっと一緒になれましたね!!ㅎㅎ  
じょんはん
じょんはん
   오빠が抱きしめてあげる  
じす
じす
   なんか懐かしいね〜ㅎㅎ  
みんぎゅ
みんぎゅ
  初めての舞台にしてはやるじゃん(  
じふん
じふん
  いっぱい、頼らしてもらうぞ  
すにょん
すにょん
  俺の夢がやっとかなった!!  
みょんほ
みょんほ
   いっぱいお出かけしましょうね 
はんそる
はんそる
  ぬな、素敵でしたよ  
そくみん
そくみん
   約束してた打ち上げ!!
絶対行きましょうね!!
すんちょる
すんちょる
  一気に話しすぎだろ笑笑  
me
me
  、、、、、、ッ、
じょんはん
じょんはん
  あー、ほら、
あなたが困って、
すんぐぁん
すんぐぁん
  ぬな?  































、









































me
me
   ただいま!!  
SEVENTEEN
SEVENTEEN
   おかえりㅎㅎ  
























暖かく優しく、包み込んでくれるこの場所こそが





私にとっての、唯一の" 居場所 "なんだ






NEXT㊿