無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

💎











思ってた以上にファンの方は喜んでくれたみたいで
























































目の前にひろがる光が眩しすぎるせいかな、




今にもこぼれおちそうな涙を、


必死にこらえる






























こんなにも、幸せな気持ちになれるんだ





































メンバーの顔を見ると、






















みんな口を空けて、すごく驚いていた

















































すんちょる
すんちょる
  え、、、、あなた、!?!?  
me
me
   久しぶりだね  
me
me
   すんちょり오빠   
すんぐぁん
すんぐぁん
   ぬなぁぁぁぁぁぁぁぁあっ!!  
me
me
   会いたかったよ~ 、、 

























一気に駆け寄ってくるメンバー






















同時に私も限界が来たようで


目からは大量の大粒の涙






























でも、どうやら泣いてるのは私だけじゃないみたい







































じょんはん
じょんはん
   久しぶりだな、ッ  












相変わらずの、


優しくて、落ち着いた声





















うぉぬ
うぉぬ
   まったく、
うぉぬ
うぉぬ
   遅いっての  
me
me
   あうっ、ㅎㅎ  









なんて、通常運転のおぬ









照れ隠しでデコピンする癖、


治ってないね笑笑
























ちゃん
ちゃん
   待ってましたよ!!  











元気なところは、






練習生の頃から変わってないね



























じゅん
じゅん
   懐かしい、





















そっと頭を撫でてくれるじゅな
















その感覚が、あまりにも懐かしくて、




















余計に涙が出る




































すにょん
すにょん
  あなたー!!!!!!!!!😭  
me
me
   やぁあっ、汚いよ~笑  

















相変わらず、


弟みたいなすにょあㅎㅎ


















時々見せる오빠のような表情は、



Caratさん達は、まだ知らないだろう






































じふん
じふん
  どんだけ待たせんだよ  
me
me
   じふな、ッ  














じふん
じふん
   おかえり  
me
me
   ただいま、ッ  






































一年以上もあってなかったから、




余計に、感情が込み上げてくる


NEXT㊿