無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

💎
じふん
じふん
  ん?どうかした?  
me
me
  あ、ううん!  
me
me
  いこ!  




































































、





































































すんぐぁん
すんぐぁん
  ボカチ全員集合しました??  
じす
じす
  ちゃんといるよ〜  
じょんはん
じょんはん
  んじゃ、安全ベルトして〜  
じょんはん
じょんはん
  しゅっぱーつ  




































































今はだいたい夜の十一時過ぎ






































































これから、ボーカルチームは次のカムバの曲に向けてユニット練習だ。






































































ほかのパフォチ、ヒポチも






それぞれ違う場所だけど、






































































みんな今から練習時間





































































すんぐぁん
すんぐぁん
  あ、
すんぐぁん
すんぐぁん
  ほしだ、、、
me
me
  あ、ほんとだ、綺麗だね  




































































窓から見える夜空いっぱいに広がった星





































































ソウルでこんな空が見えるなんて、不思議だな、、





































































なんてすんぐぁなと眺めていると、、






































































ん??なにあの車、、






































































こっちに接近してきて、、


















































































































































ウィーン





































































急に窓が空いたと思えば、、、














































































































































































































すにょん
すにょん
  やはー!  
すにょん
すにょん
  夜空いっぱいの  "  ホシ  "☆  
me
me
  오빠、窓締めて  
じょんはん
じょんはん
  おぅ、笑笑  
すにょん
すにょん
  ぬおおおおおおおおお😭  














近所迷惑です。






―――――――――――――――


懐かしのこのくだり(


NEXT㊿