無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

💎








がちゃ






















me
me
   じゅ、じゅな、、!?  
me
me
   どうして、
じゅん
じゅん
    なんかさ、
じゅん
じゅん
   なんとなく、
じゅん
じゅん
    今、あなたを1人にさせちゃ  
ダメだなって思ったんだ
じゅん
じゅん
   へへっ  
me
me
   なんか、ごめんね、、
じゅん
じゅん
  なにが、?  
me
me
   約束、
me
me
   何一つ、守れなかった、
じゅん
じゅん
    そんなの、
じゅん
じゅん
    これから守ればいいんだよ  
じゅん
じゅん
   ただ、あなたが想像してた  
進み方と違っただけで、
じゅん
じゅん
   まだ完全に、道が
ふさがったわけじゃない、
じゅん
じゅん
   神様はきっと、あなたの味方だよ? 
じゅん
じゅん
   もちろん僕も!  
じゅん
じゅん
   ごめん、こんな、なんか、
よくわかんないことしか言えなくて、
me
me
   ううん、
me
me
   、、、、ありがと、












じゅんは、本当に、優しい













初めてあった時は、

















ただただ、純粋に子供みたいで、

なんでも楽しそうにする子だと思ってたけど


















本当は誰よりも大人で、


















1番周りを見てくれてるのかもしれない





























じゅん
じゅん
   泣いてもいいよ  



優しくて、とても落ち着く声





NEXT㊿