無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私の……
彩葉
あ、貴方はっ……
???
忘れたか?……まぁ、最後にあったのはもう何年も前だよな……無理はないか。
彩葉
っ???
???
俺は滝沢秀明。
???
彩葉、君の母親「時雨 葉子」の兄。
お母さんのお兄ちゃん……おじさんってこと??


んっ??滝沢秀明………???
彩葉
秀……にぃ??
秀明
秀明
おっ、思い出した??
彩葉
う、うん。
彩葉
でも……どうして??
秀明
秀明
……彩葉、君に……
"俺の組の組長になって欲しいんだ"
彩葉
……!?
彩葉
俺の…………組?
秀明
秀明
「J組」って……知ってるか??
彩葉
う、うん。
たしか……人数はあまりいないけど史上最強の世界一の極道……警察と連帯も組んでいる
珍しい組………。
彩葉
………まさかっ……
秀明
秀明
そう……俺は「J組」の総長。
彩葉
!?
秀にぃ……が?
彩葉
嘘……でしょ?
秀明
秀明
本当、
秀明
秀明
彩葉……君をずっと、探していたんだ。
彩葉
っえ??
私……を?