無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

君が嫌いだった。



私がここに来て何ヶ月になるだろうか。
未だに新しい人と出会い別れを繰り返している。
初めて友人に進められ見たアプリ。
ここは別世界のようだった。