無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第77話

77話 風景
今回テヒョンSideでお話進めます🙇🏻‍♀️
 あなたから入社した理由が聞けて良かった。







…ん?









ユンギヒョンくらいしか使うことの無いピアノの部屋から音色が聴こえる。



♪♪〜





…これは
テヒョン
テヒョン
Scenery
あなた
あなた
I still wonder wonder beautiful story
 なぜか泣けてくるような、感動する様な歌だった。
テヒョン
テヒョン
あなた…?
 曲が終わったタイミングで部屋に入った。
あなた
あなた
テヒョンオッパ!?
テヒョン
テヒョン
あの、曲…
あなた
あなた
恥ずかしい…//
テヒョン
テヒョン
どうして歌ってくれたの…-
あなた
あなた
さっき、話してたら故郷思い出しちゃったㅋ
テヒョン
テヒョン
やっぱり、寂しいよね…
あなた
あなた
ううん!楽しいよ?ただ思い出しただけだよ
テヒョン
テヒョン
いや…
あなた
あなた
えっ…
 なぜか、無意識に、ハグしてしまった。ピアノの椅子に座ったままのあなたはびっくりしている。
テヒョン
テヒョン
ほんとは…絶対寂しいよね…もっとオッパが支えられたらいいのに…
あなた
あなた
オッパだって…!韓国だけどおうち遠いじゃん…
テヒョン
テヒョン
いいんだよ…多分、女の子の方が気疲れしちゃうんだよ
 テヒョンオッパは天然なのにそういうところは勘が鋭い
あなた
あなた
オッパは優しいね
テヒョン
テヒョン
あなたにはね✩*( ¨̮  )*✩
あなた
あなた
ㅋㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
あなた
あなた
あなた
ん?
テヒョン
テヒョン
大好き
あなた
あなた
・・・











愛してる