無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8話 気がつくと
ナユン
ナユン
オンニ〜、最近オンニのダンス凄いんですけどㅋㅋ
あなた
あなた
えっ!?何が!?
ナユン
ナユン
オンニ練習中凄いカッコいいんですけど、休憩時間はなんかず〜っと考え事してますよㅋㅋ
あなた
あなた
自覚無かった...
ナユン
ナユン
まぁ、歌謡大賞ですもん!気合い入りますよ😊😊
あなた
あなた
そうだね😅😅😊😊
 きっと私が歌謡大賞を考えているのは練習中だけで、休憩中はオッパ達のことで頭がいっぱいだ。
あなた
あなた
ただいま〜
 今日も家にオッパ達は居ない。私が帰って来ると居ないけど、私が帰ってこれないと居たりする。
あなた
あなた
 ジンオッパからの置き手紙が。
ソクジン
ソクジン
あなた〜!!カトクしようかと思ったけど、寝てるかどうかも分からないから、手紙置いとくね😊あなたが作り置きしておいてくれたご飯、全部食べたよ💕美味しかった👍🏻食器はオッパ達が洗うから、そのままにしておいていいからね!!
 オッパ達も食器を洗う暇も無かったのか、シンクに溜まっていた。まさか、私が洗わないはずが無い。もう時計は深夜3時を回っていたけど、気にしない。結局私はその後掃除をしたり、作り置きをまた作ったりで6時になっていた。次の仕事まであと少し。アラームをセットしてソファで寝よう。








ジミン
ジミン
ただいま〜疲れた〜
ユンギ
ユンギ
寝る
ソクジン
ソクジン
食器洗おう...って、あれ?
ナムジュン
ナムジュン
どうしました?
ソクジン
ソクジン
シンクに溜めておいた食器が無い...
テヒョン
テヒョン
ヒョン、あなたから手紙が...
あなた
あなた
ジンオッパ、オッパ達へ
私もオッパがいつ寝てるか分からないから、カトクしないね。
食器洗っちゃった🙏🏻オッパ達のご飯、また作り置きしておきたから、良かったら食べて下さい😊もう何日もオッパと会ってないですね








会いたいです




あなた
ジョングク
ジョングク
...ご飯食べる
ソクジン
ソクジン
うん