無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第67話

66話 ごめんね
 あれから私が会議をしないと言ったのは逃げてるわけじゃない。コンサートとかがあって本当に忙しくて、時間が無い。
ナユン
ナユン
オンニ〜、歌謡大賞までもうちょっとですね
あなた
あなた
うん、いいパフォーマンスしようね
ナユン
ナユン
はい!
ピリッ





痛い…最近なぜか突然痛みが来る時がある。これが歌謡大賞に響かなければいいんだけど。







それでも、この痛みが消えることは無かった。
あなた
あなた
皆さん!盛り上がっていきましょ〜!
ナユン
ナユン
Yeah〜!!
 コンサートの最中にも痛みはあったけど、踊れないとか歌えないとかはなかったから気にせずステージに立っていた。









だけど、ダメな時はあるのかもしれない。
あなた
あなた
痛っ…(ボソッ)
 その日のステージはなぜかいつもよりさらに痛みが酷くて、段々踊るのさえきつくなってきた。私はメンバーのソロ曲になった途端控えで湿布を貼ることにした。
マネージャー
マネージャー
あなた、どうした!?
あなた
あなた
い、痛…
マネージャー
マネージャー
あなた、あなた!!