無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

16話 勇気
『それでは、次のニュースです。』
ふとTVを見ると、【日韓関係過去史上最悪か】と、表示が。
あなた
あなた
・・・
『様々なグループで活躍する日本人メンバーに殺害予告が届いているそうです。』
あなた
あなた
えっ...
 突然、私のスマホがなった。
あなた
あなた
はい?
マネージャー
マネージャー
あなた、ニュース見たか?
あなた
あなた
殺害予告ですか...?
マネージャー
マネージャー
...そうだ
あなた
あなた
私にも...来てます?
マネージャー
マネージャー
あぁ。
あなた
あなた
...そうですか!でも大丈夫です
マネージャー
マネージャー
大丈夫じゃないだろ...
あなた
あなた
ステージには上がります
マネージャー
マネージャー
やめろ、危険すぎる
あなた
あなた
いやです。オッパが心配して言ってくれてるのも、分かってます。だけど、殺害しようとしている人は1人かもしれない。でもその時私達に会いに来てくれた人が100人だったら、その100人の希望を捨てることは出来ません。
マネージャー
マネージャー
...まったく、どこかの誰かさんにそっくりだ
あなた
あなた
え...?
マネージャー
マネージャー
あなたの気持ちは分かった。ステージには上がれたとしても、警備は相当厳重になる。それだけは分かってくれ
あなた
あなた
はい
 私はキッチンに戻り、ご飯を作る。
おかしい。ご飯が作れない。
怖い。何もされていないのに。
誰か、追われているような、見られているような。
あなた
あなた
...っ
 私はキッチンの床に座り込んだ。
消し忘れたTVからは、私の殺害予告のニュースの音が聞こえる。
あなた
あなた
ダメっ...怖くないっ...ステージにっ...上がるのっ...
 呼吸さえ過呼吸の様になり、肩で息をしている。
落ち着かないと...
ホソク
ホソク
あなた!あなた!!
あなた
あなた
えっ...
 突然聞こえたホソクオッパの声。TVが消えた。
ホソク
ホソク
ステージには上がらなくていい。
あなた
あなた
上がります。
ホソク
ホソク
無理だ。だって何もされてない今だってそんな過呼吸みたいになってるんだよ?
あなた
あなた
・・・
ホソク
ホソク
今回は諦めて
あなた
あなた
いやだっ...
ホソク
ホソク
あなた
あなた
あなた
どうしても、上がらなきゃなのっ...
 オッパは肩に手をあて、呼吸が落ち着くようにしてくれている。
ホソク
ホソク
...どこかの誰かさんとそっくりだ
あなた
あなた
・・・
 マネージャーさんも言っていたその言葉。
ホソク
ホソク
あなたの意見で判断して
あなた
あなた
うん