無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4話 夢
ナムジュン
ナムジュン
皆、ちょっと集まって
ジミン
ジミン
はーい
 あなたがお風呂に入ってる間は、男達の作戦タイム。
ナムジュン
ナムジュン
そろそろ、歌謡大賞のための練習を強化していきたい。
 歌謡大賞は、毎年年1回行われる企画。それぞれのグループがその年1番だと思った曲を披露し、賞獲得のためパフォーマンスする。
テヒョン
テヒョン
もうそんな季節か〜!
ホソク
ホソク
去年も賞、獲得出来たから、2年連続みたいなの頑張りたい!!
ソクジン
ソクジン
そうだね!!
ナムジュン
ナムジュン
それで、やっぱりこの時期はあなたと会えないことが多くなる。だから伝えないとみたいなことあったら今のうちに
ジョングク
ジョングク
洗濯物の柔軟剤の量、ぴったりだったよって言いに行かないと...
ジミン
ジミン
ㅋㅋㅋㅋ行ってらっしゃい
あなた
あなた
オッパ達〜、お風呂上がったよ
ホソク
ホソク
あなた!ナムジュン、あなたにも言った方が...
あなた
あなた
??
ナムジュン
ナムジュン
あなた、歌謡大賞の季節だ。多分これから会える日が本当に少ないけど、あなたもちゃんと睡眠は取って、ご飯は食べるんだよ?
 オッパ達はいつもこうやって私の心配ばかり。きっと本当にご飯食べて寝た方がいいのはオッパ達だ。
あなた
あなた
私は大丈夫!オッパ達が...
テヒョン
テヒョン
??
あなた
あなた
オッパ達の方が、ご飯食べたり、ちゃんと寝たりしないと...
ソクジン
ソクジン
ㅋㅋㅋそうだね
ユンギ
ユンギ
...何か、忘れんだよ、歌謡大賞の時期って。飯食うとか、寝るとか、そういうのが大事っていうことも忘れんだよ
 久しぶりに喋ったと思ったら、そんなことを言ってくるユンギオッパ。
ホソク
ホソク
ヒョン、凄い分かりますㅋ練習生の頃を思い出しますよ
あなた
あなた
あ、そういえば昔私がオッパ達と歌謡大賞出たいって泣いたよねㅋㅋ
ナムジュン
ナムジュン
それで歌謡大賞は大賞1組しか選ばれないってユンギヒョンに怒られてねㅋㅋ
あなた
あなた
懐かしいな〜あの頃はまだ、夢ばっかりだったよ
テヒョン
テヒョン
今は?今は、夢が無いの?
あなた
あなた
...え?
テヒョン
テヒョン
デビューしたら、夢は無くなっちゃうの?