無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

25話 思い出したあの夏を
今回はマネージャーオッパサイドでお話し進めます🙇🏻‍♀️🙇🏻‍♀️🙏🏻🙏🏻
マネージャー
マネージャー
あなた!あなた!!
ナユン
ナユン
オンニ!オンニっ....
 医者からの「最善を尽くします」と言う声。だけど、俺の心にそんな声は響いてないんだ。
ソクジン
ソクジン
ヒョン!
 やがて来たソクジン達。いつも騒がしいあいつらでさえ静かだ。
ジミン
ジミン
ヒョン!あなたは?あなたはっ!?
マネージャー
マネージャー
今、集中治療室に入った。
ホソク
ホソク
命は...
マネージャー
マネージャー
・・・
ジョングク
ジョングク
ヒョン!隠さないで下さい!
マネージャー
マネージャー
...分かんないんだよ!反応しないんだよ!
テヒョン
テヒョン
そんな...
ナムジュン
ナムジュン
あなた...
ユンギ
ユンギ
...ナユン、大丈夫か
ナユン
ナユン
あっ、はい...
ユンギ
ユンギ
大丈夫じゃねぇだろ、顔色悪いけど
ナユン
ナユン
オンニが、心配で...
ユンギ
ユンギ
犯人はどうなった
マネージャー
マネージャー
その場で現行犯逮捕だ
ユンギ
ユンギ
あぁ
 そこから何時間して、手術室の赤い手術中というランプは消灯した。まるで、10年の様な時の長さだった。医者からは何も話は無かった。

あなたが出てくる。

マネージャー
マネージャー
あなたっ...
 目を閉じたあなたからは反応が無い。
あなた
あなた
・・・
 そこから個室に運ばれたあなたのそばで、ずっと起きていた。目は覚めていないけど、いつか起きると思って
























懐かしいな、あの夏