無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第74話

74話 (回想)必要
 おかしい、帰りたくないって思ってる自分がいる。まだBig Hitで活動したいって思ってる自分がいる。違う、違うのに。前から日本にいたいと望んでいたのは私じゃない、それに、今日は先輩達を見て自分が惨めに思えたから、辞めようか悩んでたのに。
あなた
あなた
ちょっと…事務所行ってくる!
あなたのお母さん
あなたのお母さん
は〜い?
 走って家を出た。別に事務所に用事はない。ただ、1人で頭を冷やして外の空気を吸ってじっくり考えたかった。






ドンッ!
あなた
あなた
すみませ…
ナムジュン
ナムジュン
すみま…
あなた
あなた
キム先輩!
ナムジュン
ナムジュン
あなた…ちゃん?だっけ?
あなた
あなた
はい!練習生613番あなたです!
ソクジン
ソクジン
ぶつかっちゃってごめんね〜
あなた
あなた
いえ、こちらこそすみま…
 なんで、なんで私泣いてんの、、
ナムジュン
ナムジュン
どうしたの?
あなた
あなた
いえ、大丈夫で…
ソクジン
ソクジン
話、聞くよ?
〜事務所〜
ナムジュン
ナムジュン
え!?日本に帰っちゃうの!?
ソクジン
ソクジン
なんで!?
あなた
あなた
それは…
 私は事情を包み隠さず話した。会社のことも。
ソクジン
ソクジン
そっか…
あなた
あなた
自分が嫌なので…もう日本に帰ってもいいんじゃないかと…
ナムジュン
ナムジュン
だめだよ、あなたちゃんは期待の練習生だ。
あなた
あなた
でも…思うんです。私なんかはいなくても事務所は続きますが、会社は私が継がなくてはならない時がいつかきます。
ソクジン
ソクジン
でも…なんでうちの事務所にあなたちゃんはいなくてもいいってなるの?
あなた
あなた
それは…
ナムジュン
ナムジュン
必要だよ、
あなた
あなた
じゃあ私はこれからどうすればいいと思いますか…!?だって家もありません、学校にいけません、もう、だめじゃないですか
ソクジン
ソクジン
BTSの宿舎においで
あなた
あなた
はい…?
ソクジン
ソクジン
学校から近いでしょ?
あなた
あなた
いや…そういう事じゃなくて…
ナムジュン
ナムジュン
誰かに必要とされてる…これ大事だよ
あなた
あなた
あの…先輩達…私は…必要と、されてますか?
ナムジュン
ナムジュン
うん、これから、BigHitの要だよ
ソクジン
ソクジン
おいで