無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第58話

58話 また狡い
テヒョン
テヒョン
あなた〜!
あなた
あなた
テヒョンオッパ〜
ホソク
ホソク
 そろそろ帰ろうか〜
あなた
あなた
うん(´∇`)
 私達は結構海水浴を満喫したところでホテルへ帰ることにした。
ジョングク
ジョングク
あなた、手
あなた
あなた
ん?
 突然恋人繋ぎするオッパ。
あなた
あなた
…(・・*)(・・*)
ジョングク
ジョングク
(๑`・ᴗ・´๑)
ソクジン
ソクジン
あ!ずるいぞ〜!(お、右手空いてる
🔫(‐ω・` ))
ジョングク
ジョングク
ずるいって言って右手繋いでるじゃないですか
ソクジン
ソクジン
…(^_^;
 そこからホテルへ帰宅し、私とナユンはVLIVEを付けた。


ナムジュンオッパからカトクが。
ナムジュン
ナムジュン
〈夜ご飯どう〜?〉
あなた
あなた
〈ごめん今VLIVE!〉
ナムジュン
ナムジュン
〈了解〜〉
ジミン
ジミン
あなたは〜?
ナムジュン
ナムジュン
VLIVE中だって〜
ユンギ
ユンギ
…この男共で飯か
ホソク
ホソク
ヒョン、僕も同じ気持ちです
ナユン
ナユン
すみません!オンニあと5分でストップするので先に食べてて下さいってことです!
テヒョン
テヒョン
ナユン
ジミン
ジミン
僕達待つから
ジョングク
ジョングク
って伝えてくれる?
ナユン
ナユン
は、はあ…( ¨̮  )??
ソクジン
ソクジン
まあいいや!とにかく待ってるって伝えて〜!
ナユン
ナユン
はーい!
ナムジュン
ナムジュン
マンネライン揃いすぎㅋㅋㅋ
ホソク
ホソク
よっぽど待ちたいらしいねㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
当たり前だろ
 こんなに待ってくれてたなんて、知らなかったよ