無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

54話 月が綺麗ですね 2
男の人
男の人
あ?お前本当に彼氏かよ
テヒョン
テヒョン
そうだけど?
男の人
男の人
なんか怪しいな…
テヒョン
テヒョン
今ここで俺の女って証明してやるよ
男の人
男の人
は?
あなた
あなた
 思いっきりポッポしてくるオッパ。しかもただのポッポじゃなくて、大人な、深いポッポ。
あなた
あなた
んっ…//ちょっ…//
男の人
男の人
な…分かったよ!
 走って逃げていく男の人。
あなた
あなた
…っ
 私は一気に恐怖から解放され、その場に座り込んだ。
テヒョン
テヒョン
…なんでこんな時間に歩いてんの
 テヒョンオッパはキレているみたいで、いつもの4次元な雰囲気はなく、少し怖かった。
あなた
あなた
ごめんなさい…韓国だと歩けないし…その、眠れなくて…
 立ち上がった私に抱きついてくるオッパ。
テヒョン
テヒョン
心配しただろ…
あなた
あなた
ごめん…
テヒョン
テヒョン
ねえ…ちょっと探検しない?
あなた
あなた
え?
 なぜか隣の空き家を指差すオッパ。
あなた
あなた
入るの?
テヒョン
テヒョン
違う、登るんだよ
あなた
あなた
えぇ!?
 いつのまにか4次元なオッパに戻っていて、どんどん屋根へ登っていく。
テヒョン
テヒョン
ほら、あなたも
あなた
あなた
えぇ〜
 仕方なく私も登る。でも登ってみると、美しい景色が広がっていた。
あなた
あなた
うわぁ…
 高台の空き家の屋根から見る海は絶景だ。昼とは違い、漆黒に染まっているけど、月の黄色い光が一筋刺さっている。視界を遮るものもなく、ただただロマンチックだ。
テヒョン
テヒョン
희망이 있는 곳엔 반드시 시련이 있네〜
あなた
あなた
희망이 있는 곳엔 반드시 시련이 있네〜
 オッパは自然と私の肩を引き寄せ、歌っていた。
テヒョン
テヒョン
ねえ…
あなた
あなた
なに…?
テヒョン
テヒョン
前さ、あなたのことベットに押し倒したでしょ?
あなた
あなた
あぁㅋㅋあったねㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
あの時はごめん…
あなた
あなた
いや、あれは私も悪かったよ、あの時家に帰らなきゃかなって気付けたし。
テヒョン
テヒョン
あなたは…優しいね…
あなた
あなた
そう?…
とても切ない表情で話すオッパ。月明かりに照らされたその横顔は美しかった。
テヒョン
テヒョン
月が綺麗ですね…
あなた
あなた
そうですね…
 韓国で月が綺麗ですねと言うと、告白するという意味にもなる。
テヒョン
テヒョン
今、想いは伝えたから、忘れて、ここはハワイだから…
あなた
あなた
なんで忘れなきゃいけないの?
テヒョン
テヒョン
ヒョン達とか、ジミナとかグガに抜け駆けって怒られちゃうからㅋㅋㅋ
あなた
あなた
そうだねㅋㅋ
テヒョン
テヒョン
あなた…
あなた
あなた
テヒョン…
 顔が近付いてくる。分かる。何が起こるのか。
あなた
あなた
んっ…

















月が、綺麗だ。