無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話 オッパ達の家
 本当はここで暮らしていくのは良くないのだろう。だけど、その話をするチャンスを失ってしまった。
あなた
あなた
雪の花びら〜舞い降り〜
 いつも一緒にいるとうるさいって思っても、こうやって離れるとオッパ達の歌を歌ったり、結局私はオッパ達に甘えてしまっている。
『次は、BTS〜!!』
何となく付けていたTVから、オッパ達の歌声が聞こえる。
やっぱり、オッパ達凄いな...
きっと本当は遠い存在の人なんだ。だけど、妹分グループとしてオッパ達の側に居られるなんて、幸せ。
きっとオッパ達は知らないだろう。私がなぜBig Hitに入社したか。なぜオッパ達の妹分グループに所属したか。