無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6話 その優しさに頼るしかない
あなた
あなた
...はぁ
 きっと今日の私は変だった。オッパにあんなこと言われたから、ダンス練習も凄い必死だった。
あなた
あなた
帰るのか...
 今日はオッパ達早く帰って来るらしい。買い物しておいて良かった。

今日は辛かった。デビュー前からの目標を一瞬にして壊されると、さすがにきつい。 でもきっとユンギオッパは私のために言ってくれたんだろう。
あなた
あなた
大丈夫だって〜Oh yeah〜いつかはGood day〜当然
 辛くなると私はいつもGood dayを歌う。結局オッパ達が好きなんだ。
あなた
あなた
もう、門閉まってるㅋㅋㅋ
 ゆっくり歩いてきたせいか、門は閉まっていた。自分で開けよう。
あなた
あなた
大丈夫...いつも通りいつも通り...
 家に入るのがとてつもなく緊張する。
ソクジン
ソクジン
おかえり
あなた
あなた
えっ!?
ソクジン
ソクジン
ㅋㅋㅋオッパだよ?
あなた
あなた
なんで...
ソクジン
ソクジン
遅かったし、朝色々あったから...外で待ってたの
 こうやってオッパ達はいつも優しい。
あなた
あなた
なんでっ...そういうことするのっ...!
ソクジン
ソクジン
大事な妹だからね
あなた
あなた
...っ
 零れ落ちて止まらない涙。
すると、オッパは私の顔を上げ、涙を拭ってくれる。
あなた
あなた
ありがとうっ...
ソクジン
ソクジン
あなた...
あなた
あなた
 オッパの顔が近づいて来る。分かってる。この流れ。この後どうなるかも。なのに、抵抗出来ない。
あなた
あなた
っ...
テヒョン
テヒョン
ヒョーン!!あなた帰って来ました!?...って、え!?
あなた
あなた
テヒョンオッパ!!
 私とジンオッパは一気に離れる。
テヒョン
テヒョン
...何、今からポッポする流れだったでしょ
ソクジン
ソクジン
そうだな
あなた
あなた
...///
 テヒョンオッパは玄関のドアを開け、叫ぶ。
テヒョン
テヒョン
ヒョン達〜!!ジミナ!グガ!ジンヒョンがあなたとポッポを...
ジミン
ジミン
は!?
 恐ろしい勢いで走って来るオッパ達。
ホソク
ホソク
ヒョン...
ナムジュン
ナムジュン
焦りすぎてスマホの液晶割りました...
テヒョン
テヒョン
ㅋㅋㅋ
ジョングク
ジョングク
ヒョン、腕相撲します?💢
ジミン
ジミン
グガの腕相撲は骨折れるㅋㅋ
ホソク
ホソク
え〜!!あなたの初めてのポッポはもっと慎重にいかないとでしょ〜!!
ナムジュン
ナムジュン
スマホ...
ジョングク
ジョングク
ヒョンじゃ可哀想だ〜
テヒョン
テヒョン
普通僕でしょ?
ジミン
ジミン
それはないㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
とりあえずヒョンはねぇな
 いつまでも騒がしいオッパ達。私は叫んだ。
あなた
あなた
もう!!さっきから何なの!?私ジンオッパとポッポしてないし、未遂!!それに初めてじゃないし!あと、オッパ達の中でポッポする順番とか、知らない!ていうか無い!!
少し乱れる呼吸。
ジョングク
ジョングク
ㅋㅋなんだ、未遂か〜
ソクジン
ソクジン
そうだよ...
ナムジュン
ナムジュン
テヒョンが叫ぶから...
テヒョン
テヒョン
あはっ😊僕、お腹空いた〜!
ジョングク
ジョングク
俺も
ユンギ
ユンギ
腹鳴る
あなた
あなた
分かった!!作るから早く中入って〜!!
 ていうかオッパ達は私がポッポ(未遂)されただけで何でそんなに大騒ぎするの?