無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
16
2019/09/21

第8話

希うMelody
あれから美桜は、ピアノと向き合いながら奏でるが、相変わらず五線譜は白紙のままだった。
それでも、奏でる事を辞めない美桜。そんな時、呼び鈴の音がする。
(~♪)
玄関へと向かう美桜。
美桜
はい…?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
こんばんは。
軽く変装していたトキヤは、サングラスを取って顔を見せる。
美桜
と、トキヤく…んっ…!!
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(*´ b`)シー
少しお邪魔しても宜しいですか?
美桜
は、はい…///
スリッパを床に置く美桜は、リビングルームへとトキヤを招き入れた。
NEXT→