無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2018/06/24

第2話

Little Girl
譜面をトキヤの手から取り返そうとした美桜は、トキヤに抱きついた形になっていた。
美桜
あっ…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
まったく、君は…(-。-;
口で言えば返したものの…
抜けていますね。
美桜
す、すみません…(ーー;)
あ、あの…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
何です?
立ち上がろうとしている美桜を、トキヤは離さないでいた。
美桜
もう…大丈夫です。
(ガシッ…!!)
美桜
と、トキヤくんっ…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
暫く、君に触れていませんから。
あと少し…少しだけ……ね?
美桜
…///
分かりました。
ギュッと抱き締めるトキヤ。
微かに洩れるトキヤの吐息が、美桜の耳にかかる。
美桜
…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
おや。どうしたのです?
美桜
その…///
擽ったいだけです…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
クスッ
可愛いですね。
ほら。耳が頬に負けないほどに真っ赤です。
本当に、可愛い人ですね。
そう言ったトキヤは、一旦抱擁を解くと、紅潮した美桜の頬に触れて唇を親指でなぞったーーー