無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
166
2019/09/24

第1話

貴重な時間
レコーディングルームに缶詰になっていた美桜。
食事は、気付けば摂ることを忘れていた。
(ガチャ…)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
また君は…
美桜
と、トキヤくん…!!
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
食事も摂らずに、曲を作っているなんて。
君はバカですか?
美桜
す、すみません…(ーー;)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
(´Д`)ハァ…
はい。
トキヤは、差し入れを美桜に手渡す。
美桜
あ、ありがとうございます(*^^*)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
いえ…///
トキヤは1枚の譜面を手に取る。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
明るいメロディーラインですね。
美桜
あ!!
トキヤの手にした譜面を取ろうとしてーーー