無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
これは、冬休みの塾後のお話です!





その日は、親と塾長の面談日だったんで





話の内容とか知りたくなくて早く帰りたくて





急いで帰り支度してました。





👨「早くしないとお母さん来ちゃうよ(笑)」

🌼「やだやだ!!(笑)」
(急いで帰り支度してる)

👨「ん」
(上着を持って、腕を通させてくれる)





っていうやりとり?をしました…!//





なんなんですかね、この人は。





かっこよすぎじゃないですか?(笑)