無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4
放課後、学校を出ると





西門に他の塾の先生がいました。





(私のクラスは下駄箱が西門にあります!)





先生「あ、🌼〜!」

🌼「先生!!また校門配布しに来たの?」

(前にも👨先生と来てました)

先生「おう」

🌼「そーなんだ、…👨先生は?」

先生「東門にいるよ!」

🌼「ありがとう!」((ダッシュ!笑





東門にて!





🌼「せんせ!」

👨「お、🌼!!」

🌼「あと何枚?」

👨「微妙なかんじ笑」

🌼「なにそれ笑、うちもいっしょにいる!」










👨「喉乾いてねえ?」

🌼「んー」

👨「なんか買ってきな」

(小銭入れを渡される)

🌼「え、ありがと!!」











👨「このこと、誰にもないしょな!」

🌼「うん笑」





2人だけの秘密ってかんじで嬉しかった笑











全部配り終えた後、

西門にいた先生のとこに合流しました!





👨「こっち終わったー」

🌼「終わった終わったー」

先生「俺も終わった!セブンでなんか買お」

👨「おー。🌼もなんか買いな」

🌼「いいの!?ありがとう!!」





…ってかんじで、アイスも奢ってくれました!