無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

922
2021/07/13

第12話

11*
U
U
ここがあの有名な…





        伯父さんと話したあの日から

           約一年が経ち 、

     あの時よりも更に有名になった芸能事務所。




         そして 、実はこの一年で

       たくさんの偶然が重なっていた 。









U
U
夢で見た…






         そう 、ここは夢で見た

        あの人がいる場所だった 。



           ただ 、完全に

       伯父さんのコネで採用された私は

        ここに来るのも初めてで…













U
U
…てか、どこ行けばいいの。






      広すぎるフロアに立ち尽くしていた。







           その時だった。






どうしたの?君、社員さん?
どこに呼ばれたの?
迷ったの?大丈夫?




       サングラスに 、マスクの男性 。



U
U
あっ…えっと、




       まず、どれに答えたらいい?笑

       ちょっと色々聞きすぎじゃない?



           でもそれは 、

       聞いたことのある声だった 。




U
U
きょ、今日から入社の
…ヘアメイクd
あ!新しいメイクさん?





       信じられないかもしれないけど 、

      何か 、運命的なものを感じました 。







태형
태형
ひひっ♡何か…
僕達初めて
会った気がしないね!



       サングラスを外したその人は

     紛れもなく 、夢で出会った彼だった 。








       これが 、私とオッパの始まり 。























一気に5話上げたからね?読んでね♡