無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

727
2021/08/19

第18話

17*



            次の日

          オッパの宣言通り 、

     この日から私への猛アタックが始まった 。







           そんな今日は

       雑誌の写真撮影と 、インタビュー 。





          もちろん 、私はまだ

        メイクはさせてもらえなくて 。




.
あなたさんは
アシスタントしてくれる?
U
U
はい、分かりました。




       先輩メイクさんのアシスタント 。

          正直つまらない 。

          けど 、仕方ない 。


.
あ、それと今から私達
打ち合わせあるから
道具のセッティング
お願いね?
U
U
はい。





        誰も居なくなった控室 。


       メイクブラシ同士がぶつかる

      カチャカチャという音だけが響く 。



        施術者が使いやすいように

          順に置いていき 、

         10分程だった頃 …





U
U
よし、OKかな?




      全ての鏡台にセッティングし終わった。


        そして 、次の作業に移ろうと

        後ろを振り向いた時だった 。




             どんっ





             ぎゅ





U
U
ひゃっ!



        目の前には 、誰かの胸元 …

         それと 、この香水 …



U
U
テ、テヒョンさんっ!?/
태형
태형
ふふ♡
おはよ ~
U
U
ちょっ…あの、/







        不思議なことに 、私は

       たった1日で 、この香りを

        覚えてしまったらしい …