無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

665
2021/08/29

第23話

22*


      メンバー全員のメイクが完了した 。


        けれど 、私達の仕事は

         これだけじゃない 。




      撮影の合間のメイク直しがある 。




.
次、スタジオの方ね ~ 
.
担当どうしますか?
.
あー、じゃあ私は
ヒョンラインのやるわ
.
はーい、了解です。




        先輩達が 、バタバタしながら

        軽く打ち合わせをしていた 。





            欲を言えば

         私も 、そこに入りたい …





U
U
あ、あのっ…!
私も付いて行っても、
.
あなたさんはコレ
片付けといて
U
U
あっ、、片付け…
.
ん?何?
新人なんだから
当たり前でしょ?笑




          で 、ですよね …

         そりゃあ 、そうだ 。




U
U
…分かり、ました。






            しかし 、

         その片付けを始めようと

        先輩に背を向けた時だった …







태형
태형
ねぇ 、メイクヌナ ~




         振り向くと 、そこには

      とっくにスタジオへと入ったはずの

          テヒョンさんが 。



.
はーい!どうしました?




        どこか 、直してほしくて

         戻ってきたのかな?




      けれど 、それは違ったみたいで 。









태형
태형
僕の担当 、あなたさんに
してもらえるー?









U
U
えっ …?