無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,085
2021/07/09

第3話

02*



すると、一旦、

オッパは私を解放し

誰もいない部屋へと連れて行った。





태형
태형
あなた、こっち。
U
U
え、ねぇ!撮影は?






バタンッ








ドンッ




U
U
んっ…




即座に塞がれる口。





U
U
オッ、パ…っ
태형
태형
ねぇ、今日あなたの家
行っていい?
U
U
う、うん… /
태형
태형
へへ♡やったあ♡
明日休みだから
泊まってくね!
U
U
わ、分かった、/






      世界が認めるスーパースターの彼 。

       なのに自由奔放で、四次元


        時々、どっちが年上か

        分からなくなる事も 。







.
テヒョンさーん?
どこにいるんですか?
.
え、またー?
もう、ホント自由な人だな。笑
U
U
…捜索されてるよ?笑
태형
태형
えー、あ!
このまま2人で
抜け出そうか!!
U
U
こら!
태형
태형
いてっ!んー!
だって、あなたともっと
キスしたいんだもん♡






         でもこの出会いは 、

        神様がくれたものだと

          私は思ってる 。