無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

人間
見えてる…?
YOU
YOU
すみませんでした!
テヒョン
テヒョン
いや、え?
俺が見える人間なんて初めてだ…
まさかこいつも悪魔か…?
テヒョン
テヒョン
俺が見えんの?
YOU
YOU
見えますけど…
どーゆーことだ…
テヒョン
テヒョン
お前人間だよな…
YOU
YOU
はい
テヒョン
テヒョン
俺悪魔なんだけど
YOU
YOU
はい?
もちろん人間は混乱している
YOU
YOU
ふざけてます…?
テヒョン
テヒョン
真面目に話してる
まあ信じてもらえないよな
YOU
YOU
悪魔…?
テヒョン
テヒョン
そう
テヒョン
テヒョン
いつもここで遊んでるんだよね
YOU
YOU
遊んでる?
テヒョン
テヒョン
うん
テヒョン
テヒョン
他の人間は俺が見えないから、俺をすり抜けて歩いていくんだ
YOU
YOU
は、はい…
テヒョン
テヒョン
それが面白くてやってたらお前がぶつかってきた
YOU
YOU
それならぶつかってきたのはあなたのほうじゃ…
あ、そうかも
テヒョン
テヒョン
うるさい
強がっておく
YOU
YOU
はい…
テヒョン
テヒョン
お前こそ悪魔のくせに人間とか嘘ついてないよな
YOU
YOU
ついてませんよ!
YOU
YOU
あなたこそ…信じていいんですよね…
テヒョン
テヒョン
うん
あれ、信じてくれたのか?
急にこいつがキョロキョロし始めた
YOU
YOU
私一人でめっちゃ喋ってる人みたいになってるんですけど…
テヒョン
テヒョン
確かに
YOU
YOU
私学校あるんでもう行きますね…
学校?
テヒョン
テヒョン
学校…?
YOU
YOU
あ、知りませんでした?
テヒョン
テヒョン
知らない
YOU
YOU
単純に言うと勉強する場所です
テヒョン
テヒョン
勉強か
テヒョン
テヒョン
あのつまんないやつ
テヒョン
テヒョン
じゃここ歩いてるやつみんな勉強しに行くのか?
YOU
YOU
そうです
人間は真面目が多いのか
テヒョン
テヒョン
勉強なんてしたいのか?
YOU
YOU
したいというか…
YOU
YOU
将来のために…
テヒョン
テヒョン
将来?
テヒョン
テヒョン
そんなのどーだっていいんだよ
YOU
YOU
でも…
テヒョン
テヒョン
遊びたくないのか?
YOU
YOU
…遊びたいです…
テヒョン
テヒョン
じゃ俺を案内してくれよ
YOU
YOU
今から?この世界を?
テヒョン
テヒョン
そう
NEXT⏩