無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

小山慶一郎②
それから毎日仕事終わりが楽しくなってきた
小山慶一郎
小山慶一郎
いらっしゃいませ
小山慶一郎
小山慶一郎
あっまた来てくださったんですね
小山慶一郎
小山慶一郎
いつもありがとうございます!
あなた
いえいえ…こちらこそ
小山慶一郎
小山慶一郎
ご注文はどうされますか?
あなた
いつもので
小山慶一郎
小山慶一郎
かしこまりました
数分後……
小山慶一郎
小山慶一郎
そういえばさ…
あなた
ん?
小山慶一郎
小山慶一郎
言いたいことがあって…
仕事休みの日一緒にご飯どうです?
あなた
あっいいですよ
小山慶一郎
小山慶一郎
ありがとうございます
小山慶一郎
小山慶一郎
ではごゆっくり
ちょちょまって…
小山くんとご飯?!