無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

小山慶一郎①
あなた
やっとスイーツ店に行ける…
スイーツ店のドアを開ける
カチャ
小山慶一郎
小山慶一郎
いらっしゃいませ
小山慶一郎
小山慶一郎
席はご自由に
もう疲れきって店員さんが小山慶一郎だと分からなかった
あなた
はぁ疲れた
小山慶一郎
小山慶一郎
ご注文はどうされますか?
あなた
えっ…(待って待ってあれ小山くん?!)
あなた
ち、注文は…オススメで、お願いしま、す…
小山慶一郎
小山慶一郎
かしこまりました
小山慶一郎
小山慶一郎
少々お待ちください
あなた
あれやばかった…店員さんが小山くんだと…
5分後……
小山慶一郎
小山慶一郎
ご注文は全て揃いましたか?
あなた
は、はい
小山慶一郎
小山慶一郎
もしかして緊張してる?
あなた
えっ…
緊張してることバレたんかな…?
小山慶一郎
小山慶一郎
わかっていたと思うけど私は小山慶一郎です
あなた
あっ…やっぱり…
顔が徐々に赤くなる
小山慶一郎
小山慶一郎
もしかして俺のファン…?
あなた
も、もちろん…!
小山慶一郎
小山慶一郎
これから毎日この店においで?
あなた
は、はい!!
小山慶一郎
小山慶一郎
ではごゆっくりニコッ
毎日この店に来て毎日小山くんと会える……(〃∀〃)