無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いつもの出来事
はぁ…また殴られる。蹴られる。そして、時には刺される。

もう嫌…こんな生活……毎日毎日殴られ蹴られる。なんで私が……




ー朝ー
平野  椿
平野 椿
んっ……んー…眠…もう学校行く意味なんてないんじゃ……?
平野  椿
平野 椿
いや。でも行こ…愛澄(あすみ)も居るし。
あ、愛澄(あすみ)って言うのは私の親友。唯一無二の私の友達…と言ってもいいくらいだ。

そう一人で言いながら準備をする。
平野  椿
平野 椿
よし、準備出来たし時間だし、行くか……
はぁ、めんどくさいな…
平野  椿
平野 椿
いってきます
誰も居ない家でそう一人ボソッと言う。



トコトコと静かに1人学校へ向かう。
いつのまにか学校についていた。


嫌だなぁ…なんで早く着くんだろう。


そうボソボソ言いながら靴を脱ぎ、上履きを履き、自分のクラスへと向かう。
平野  椿
平野 椿
おはようございます……
小さくボソッと言い、すぐに自分の席へ早歩きで行った。


私の席の近くには、愛澄が居る。だから少しは楽しい………そんなことはないや。
川松   愛澄
川松 愛澄
あっ!椿ー!おはよ!
平野  椿
平野 椿
愛澄…!おはよう!
明るく言った私だが、実はかなり怖い。
理由?それは、いじめられているから。愛澄には言っているけど、やっぱり怖い。親も居ない私には誰にも相談することなどできない。それもまた怖い。そして、また今日も殴られ蹴られ、時には切られる。もう嫌だ……死にたい、なんていつも思っている。でも、愛澄があるから、生きなきゃ。生きなきゃ。そう思いながら頑張っている。
川松   愛澄
川松 愛澄
椿、大丈夫?今日も何かあったらすぐに叫んで呼んでね?いつもこう言っても呼んでくれないんだから……心配なのよ、
あぁ、優しい。やっぱり愛澄は優しいな。でも、そんなことできないよ。だって、叫ぼうとすると切られるんだもん。たまに心臓を刺そうとしてくる。怖いんだよ。ごめんね。愛澄……
平野  椿
平野 椿
うん。わかった。ありがとね。愛澄。いつもいつも
そう言い、放課後になった。(早いって?気にすんな☆)
はぁ。また来たよ。ほら、いじめる奴ら
いじめっ子
いじめっ子
ねぇねぇ。ちょっとイイ?
平野  椿
平野 椿
はい。
いじめっ子
いじめっ子
ありがとー♡じゃあまたいつもの所でねー!ニコニコ
……はぁ、またあんな猫被って…もう嫌。でも仕方ない。行くか。
いつも通り地下?に行く。その途中に同じクラスの友達に会った。
冬等  美咲
冬等 美咲
あ!椿!またどこかに行くの?いつも誰と遊んでるの?私も遊びたーい!!
この子は私の友達、まただ。いじめられたいの?もちろん私は
平野  椿
平野 椿
だめ。ごめんね。でもだめなの。また今度2人で遊ぼ?
そう私が言うと、美咲は悲しそうな顔をした。
冬等  美咲
冬等 美咲
ムー……またそれ…まぁいいよ?その代わり、必ず遊ぼうね!
可愛いかよ……
平野  椿
平野 椿
うん。もちろん
そんな癒される時間もあっという間に終わってしまうんだ……













┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
どーもー!主です!初投稿です!どうでしたか?よければ感想をコメントで教えてくれると嬉しいです(◍´꒳`◍)
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
あ!そうそう。キャラ達のアイコンってつけた方がいいですか?教えて下さい💧
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
それでは!さよなら!(*´˘`*)