無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

高校の入学式!
今日は高校の入学式。ついに私は高校生になったんだ!なんだか高校生って感じしないなぁ…
華鈴
華鈴
愛澄!また同じクラスがいいね!
愛澄
愛澄
そうだね!
私と愛澄は小学中学と同じだった。そして、まさか高校まで一緒なんて…!さすがに私もびっくりした。でもとても嬉しい。今年も一緒のクラスになれるかな??
先生
先生
はーい!皆さん!おはようございます!今年度の皆さんの担任になります!〇〇です。皆さんと仲良くなりたいと思ってます!よろしくお願いしますね!
『よろしくお願いします!』と教室中に響き渡った。
そして、まさかの…まさかの!今年も愛澄と一緒になれた!!めっちゃ嬉しい!
華鈴
華鈴
やった!一緒だね!
愛澄
愛澄
だね!
先生
先生
はーい!では、皆さんのこともよく知りたいので、今日は自己紹介をしてもらいます!では!どうぞ!
そうして、自己紹介が始まった。


そして、ついに私の出番がやってきた。私は緊張しながらも、がんばって自己紹介をした
華鈴
華鈴
はいっ!
初めまして!私の名前は華鈴です!好きなことは喋ることです!よろしくお願いします!
緊張したけどなんとか発表できた。教室には拍手が響き渡った。
先生
先生
はーい!皆さん自己紹介お疲れ様でした!では、今から役10分!友達作りコーナーにします!では!スタート! 
そう言われ、10分経つと、私はたくさんの友達ができた。本当に、前世とは違う……楽しいな…
愛澄
愛澄
すごいね、華鈴。めっちゃ友達できたじゃん!
華鈴
華鈴
えぇ?そう?そんなことないと思うけどなぁ……
愛澄
愛澄
いやいや!すごいよ!私なんて5人ぐらいだもん…それに比べて華鈴は、20人ぐらいでしょ?!やばいってぇ…ほぼ全員じゃん!
華鈴
華鈴
いやいや笑 違うって!愛澄もすごいよ!
愛澄
愛澄
えぇ…本当??
華鈴
華鈴
本当!私は嘘つかないよ!!
愛澄
愛澄
そうだったね…!ごめん笑
華鈴
華鈴
もー!( •᷄ὤ•᷅)
愛澄
愛澄
笑笑笑 ごめんって笑
華鈴
華鈴
許す!
愛澄
愛澄
ありがと笑
そういえば、担任の先生いい人だね!よかったー!怖い先生かと思った笑
華鈴
華鈴
あーね笑 優しい先生の方がいいもんね!
愛澄
愛澄
うんうん笑
と、私達は楽しく雑談をしていた。
今年も楽しいなぁと思った。










┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
はい!今回は以上です!!いやぁ、時が過ぎるのは早いですねぇ
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
いやお前がとばしすぎたんだよ
中学編どこ行ったんだよ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
え、え??(困惑)
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
何テンパってんだよ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
な、なんのことだろうなーヒューヒュー♪゛
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
いや音痴すぎワロタ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
はぁ?!どういうことだよ!!
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
ま、どうせ力尽きたんだろうな
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
は、は?!?ち、違うし!!
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
あ、そうなんだ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
なんでわかったの?!
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
あ……
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
やっぱり笑
ま、理由は言わんよ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
えぇ?!なんで?!
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
ん?どうしたの?
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
な、なんでもないよ……
では、ぐっばい!( ب_ب )
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
ぐっばい(ㅎ.ㅎ )