無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

いじめのエスカレート
ー放課後ー


はぁ、今日も誘われるんだろうなぁ…
今日はなにされるんだろ……
そう思いながら帰りの支度をしていると、やはりいじめっ子のモブ子(適当)が話しかけてきた。
いじめっ子
いじめっ子
ねーねー
今日は暇ー?ま、暇じゃなくても呼ぶけど笑
あれ?今日はモブ男(てきとー)じゃない……
まぁどっちでもいいんだけど…
平野  椿
平野 椿
今日は暇……
いつもの所?
もう慣れてしまったからなのか、場所まで把握してしまった。あとは、いじめっ子とも仲良くなってしまった。
私はこのままでいいのだろうか…
いじめっ子
いじめっ子
うん!そうだよー理解が早くて助かるよーそれじゃあ行こー
平野  椿
平野 椿
あ、まって、友達に先に帰ってって言わなきゃ待ってくれてるから
いじめっ子
いじめっ子
えー。じゃあついて行くねー
そんなに信頼ないのかよ……と心の中で1人ツッコミを入れて外に行った。
平野  椿
平野 椿
愛澄……!ごめん。今日は先に帰ってて
川松   愛澄
川松 愛澄
え?!な、なにかあった?あ、いじめ?
平野  椿
平野 椿
ビクッ…違うよ笑
先生に呼ばれたから。長くなりそうって言ってたから
愛澄は勘が鋭いから困るんだよね…
なんとか嘘をついた私だが、愛澄は首を傾げながらも「わかった」と言って帰ってった。
平野  椿
平野 椿
ごめんね……
とボソッと言って向かった。
向かうと、モブ子が待っていた。
いじめっ子
いじめっ子
案外早いのね!それじゃ、行きましょう!紗夜様が待ってるからね!
紗夜様って…やば……と少し鳥肌たったが、モブ子と共にいつもの場所に向かった。

やっぱり肌寒いな。
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
やっと来たのね♪待ちくたびれたわ!
あ、そうそう。昨日友達と遊んだらしいわね?勝手なことをして。今日からハードモードになるから覚悟しているのよ?
え?は?どういうこと?
と理解が追いついてない私に紗夜は近づいてこう言った。
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
早く死んじゃえばいいのに
平野  椿
平野 椿
っ?!そ、それって……
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
誰が喋っていいって言ったの??
(主:無惨様?笑)
ボコッパチンッ
静かな地下へ殴られる音が響く。
もう何をされても感じないや………
平野  椿
平野 椿
…ごめっ
いじめっ子
いじめっ子
喋るな!!
ボコッ
平野  椿
平野 椿
アガッ…
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
ふふっあはははは笑笑笑
理解してないのね笑本当に学年1位なの?笑笑
煽られる……殴られる…蹴られる……切られる…
もう嫌。なんで私なんかが…運悪いなぁ、ほんっと。
平野  椿
平野 椿
関係ないでしょ……
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
喋んなって言ってんのよ!チッ
ジリジリ(腕を切られる音だよぉ)
平野  椿
平野 椿
いた゛っ
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
喋るからこうなるのよ笑学んでよね!
はぁ…上から目線……ムカつくな…
それから数分。ずっとこんな感じでいじめられた。やっと帰れる…
紗夜(いじめっ子)
紗夜(いじめっ子)
もう帰っていいわよ。もう遊ばないでよね?また明日ね〜♪
なんなのよ…ほんとに。と心の中で呟いて荷物を持って家に帰った。








┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
はぁい!今回はいじょーですっ!どうでした?コメントが無いので不安です:(´◦ω◦`):よければコメントお願いしま(((殴
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
贅沢言うな!はぁ、まぁ、今日は長いんじゃない?いいと思う
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほんま?!嬉しいわぁ(   ◜ω◝ )
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
おう。あ、あと、うちの名前が決まりました。
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
よろーさんありがとうございました!
ツッコミ先輩にしました!
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
なんで先輩なの?ツッコミちゃんなんじゃ?
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
あー。てきとーに
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
は?ふざけすぎ……てか椿ちゃん可哀想…
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
し、仕方ないでしょ!!←
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
はいはい。それでは、さよなら٩( 'ω' )و 
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
さよなら!(ง ˙ω˙)ว