無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

嘘か本当か
私が高校に入学してから1,2ヶ月たったある日。モブ子からこんなことを言われた。
モブ子
モブ子
ねぇねぇ華鈴ちゃん。華鈴ちゃん最近紗夜ちゃんとよく一緒に居るよね〜
華鈴
華鈴
え?うん、そうだけど…
モブ子
モブ子
それでさ〜実はね〜?あの紗夜ちゃん、いじめっ子らしいよ〜
華鈴
華鈴
えっ?
紗夜が  ”いじめっ子”  だと言われ、私はかなり困惑した。
確かに前世はいじめっ子だったけど…嘘……やっぱりそうだったんだ……
モブ子
モブ子
だから、華鈴ちゃんも気をつけた方がいいわよ〜何かあったら言ってね〜
華鈴
華鈴
う、うん…あり、がと、う、、
なんと、紗夜いじめっ子説がかなり出回っているそうだ。だから、知ってる人も少なくはないだろう。もしかしたら、愛澄も知っているかもしれない。私は、愛澄にこのことを言うか、悩んだ。そして、結局どうしたのかというと、話すことにした。
華鈴
華鈴
愛澄!ちょっといい?
愛澄
愛澄
ん?いいよ!
華鈴
華鈴
あ、愛澄、あのさ、、この噂、知ってる?
華鈴
華鈴
紗夜がいじめっ子
っていう
愛澄
愛澄
え……?う、嘘だよね?
華鈴
華鈴
わからない。でも、、モブ子達は言ってた。
愛澄
愛澄
そんなっ…
愛澄は顔を手で塞ぎ、腰を落とした。
華鈴
華鈴
で、でもわからないよ…!噂だし!ね!
私は愛澄を励ましたかった。
私がそう言うと、愛澄は「そうだよね」と言い、涙を拭いた。

私は、紗夜に聞いてみようと思って、放課後、紗夜に聞いてみることにした。
華鈴
華鈴
ねぇねぇ紗夜。ちょっと話せる?
紗夜
紗夜
いいわよ!
華鈴
華鈴
ありがとう……
私は紗夜と一緒に体育館の裏に行った。
紗夜
紗夜
で、どうしたの?
華鈴
華鈴
あ、、あのね…実は、こんな噂があるんだけど、知ってる?
華鈴
華鈴
紗夜が、いじめっ子だっていう、、、うわ、さ………
紗夜
紗夜
え?
紗夜
紗夜
な、なによそれ(笑)そんな訳ないじゃない!誰から聞いたの?
華鈴
華鈴
も、モブ子から…
紗夜
紗夜
モブ子は噂に騙されてるわ!き、きっとそうよ!!
華鈴
華鈴
そ、そうだよね!紗夜がいじめっ子な訳ないもんね!
紗夜
紗夜
そうよ!
私は紗夜が嘘をついているのか、本当のことを言っているのかがわからなかった。だって、、私をいじめていた本人なんだもの。もしかしたら、来世でもいじめてる可能性だってないわけではない。
華鈴
華鈴
あ、ありがとう!わかった!モブ子に言っとくね!
そう言っている私だけど、本当は信用なんてできなかった。
紗夜
紗夜
うん!
家に帰った私は、早く自分の部屋に戻って、ずっと紗夜のことについて考えていた。嘘なのか、本当なのかを。
華鈴
華鈴
はぁ…どうなんだろう……もう寝よ…疲れちゃった
と1人呟いて夢の中へ落ちた。








┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
はい!今回はいい終わり方になったと思います!!どうですかぁねぇ( ´・ω・`)
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
次回は華鈴ちゃんの夢の中編にしようかなぁと思ってますっ!次回も早めに頑張ります!!
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
(あれ?ツッコミ野郎が出てきてない…)
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
なんだ?呼んだ?
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
えぇ?!ツッコミセンパイエスパー?!
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
いやカタカナ多すぎ草
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
で、何がエスパーだ。ここは小説の世界だから自由にできるんだよ
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ななっ?!メタいこと言わんといて!!( •᷄ὤ•᷅)
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
あーすまん。すまん。
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
てか、今日結構長いし頑張ったやん
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
でっしょー!(  '꒳​'   )
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
あんま調子に乗る前に終わらせるか((ボソッ
ツッコミ先輩
ツッコミ先輩
ぐっばいび(ง ˙o˙)ว
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
ほしねこ(☝️ ՞ਊ ՞)☝️
んぇ?!なんで終わらせてんの?!
ぐっばいび!(ง °Θ°)ว