無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

712
2020/03/06

第14話

日本舞踊
日々樹渉
Amazing !!
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
渉さん…おろしてください
私は今三年生の教室(渉さんのクラスじゃないのに)にいる
渉さんに脇抱きかかえで
登校途中でいつも通り真波と歩いていたら、空から渉さんが現れ驚く暇もなくあっという間に連れ去られ今に至る
天祥院英智
渉どこから連れてきたの?
日々樹渉
先ほど校門近くで発見したのです!
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
あの、私いつまでこの格好で…
日々樹渉
螢くん逃しませんよ!
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
逃げませんからおろしてください
私は諦めながらもどうにこの状態から開放してほしい。この方ですか格好が恥しい…
蓮巳敬人
日々樹放してやれ
日々樹渉
仕方ありませんね
副会長さんが助けてくれた
仁兎なずな
希月ちん大丈夫か?
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
はい
大丈夫だけどなんか疲れた
瀬名泉
ちょっと!朝からここもうるさいなぁー!
泉さんが登校してきた
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
ここも?
羽風薫
下の方でもなんか騒いでたよ
あっ、希月ちゃんおはよう!
その後ろから薫さんも入ってくる
二人とも一緒だけどねに登校してるのかな?
下で騒いでいるって何かあったのかな?

そう思っていたら廊下で真波の声が響渡る
螢木真波
螢木真波
希月ちゃん大変だよ
さっきはぐれた真波がやってきた
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
どうしたのそんな慌てて
螢木真波
螢木真波
いいから来て!
その時外から私達の名前を呼ぶ声が聞こえる
守沢千秋
螢ー!同じく真波ー!
驚いて窓から顔を出すと兄さんと奏汰さんが私達を見つけ手を振りながら話す
深海奏汰
お二人に『おきゃくさま』ですよ〜
見ると若い和服の女性が二人の横に立っている
その女性は顔をあげて嬉しそうに手を振ってくる
ここに来て初めてと言っていいぐらいの大声を出してしまった
…「二人とも元気にしてたかしら!」
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
…母さん!!
螢木真波
螢木真波
あ~大々的に…
私は驚いたまさか母さんが学校に来るなんて
朔間零
ふむ
希月くんたちの母親かの
羽風薫
でも、どっかで見たようなある顔だね
瀬名泉
ちょっ!あれって日本でも有名の日本舞踊の螢木 カナヲじゃない!!
天祥院英智
螢木さんは僕の家のパーティー何度も招いたことがある方だね
蓮巳敬人
俺も何度か見に行ったことがある
螢木流と言われ約200年前から続けられ代々受け継がれているらしい
斎宮宗
僕は何度も行っているね
月永レオ
俺も見に行ったことがあるぞ!!
鬼龍紅郎
俺はそおいったことは疎いがTVで何度か見てある程度は知っている
こっちに本家があって京都にも別の屋敷があるんだろ
主に京都でおこなっている
日々樹渉
夫婦関係も最高に素晴らしいと言われ、お歳の方もお若いとか
青葉つむぎ
どちらも豪邸だと雑誌にも載っていました
仁兎なずな
そんな人が希月ちんのお母さんなのか
私達に集中する視線を振り切り急いで下に降りていく
螢木真波
螢木真波
母さん
母「二人とも久しぶり!」
母さんはいつものように接してくる
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
久しぶりって…急にどうしたの!
母「だって、二人とも休みの日でも顔出してくれないじゃない!だから、どうしてるのかと思って見に来たの!」
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
だからって学校まで来なくても
螢木真波
螢木真波
京都にまで行くのたいへんなんだよ〜
母「でも、たまには顔見せてくれないと母さんたちの心配で」
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
それは私達もだけど…
母「そう言ってくれると思った!だから、母さんたち本家に戻ってこようと思います!」
思ってもいないことを言われびっくり仰天!
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
えっ!なんで!
母「今年の講演はこっちでやろうと思って!」
螢木真波
螢木真波
今年は北海道じゃなかったっけ?
母「あっちはお義母さんたちに頼んでこっちに来ちゃった!」
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
お祖母様…可哀想に
私達親族は比較的仲がいい
お祖母様・お祖父様と母は実の娘のように可愛がられている
父さんと母さんの夫婦関係は世間でも有名で私達もその子とは本当に嬉しい…けど、父さんは母さんに甘くお願いされるとすぐに折れてしまい困っている
螢木真波
螢木真波
母さんも相変わらずマイペースだね〜
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
あんたがその遺伝ひいてるよの
肝心なときに遅刻したりして…
母「あらまだ、遅刻してるの?」
螢木希月 ホタルギキヅキ
螢木希月 ホタルギキヅキ
朝起こす私の身になってよ
大変なんだから
それより母さん授業始まっちゃうから放課後でもいい?
母「そうね。そっちの方が重要だわ!二人とも頑張ってね!」
母さんは気分良く帰って行った

私達の気も知らずに

その後は皆さんに質問攻めにあい帰るのに一苦労てした〜