無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

593
2020/05/09

第4話

第三話
炭治郎side
俺たちは今、さぶろうおじさんの家にいる
今日はもう夜遅いから
鬼が出るということで泊まらせてもらっている
炭治郎
炭治郎
御馳走様!
貴方
貴方
御馳走様でした!
炭治郎
炭治郎
なぁ、さぶろうおじさん。
鬼ってどんなだ?
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
…昔っから人喰い鬼は日が暮れるとうろつきだす。
……だから、夜は歩き回るもんじゃねぇ。
食ったら寝ろ。明日早起きして帰りゃいい
貴方
貴方
…鬼は家の中に入ってこないの?
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
いや、入ってくる。
貴方
貴方
じゃあ…みんな…
炭治郎
炭治郎
鬼に…喰われちまう…
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
鬼狩り様が鬼を斬ってくれるんだよ
…昔からな…
貴方
貴方
そうなんですね…
三郎爺さん、家族を亡くして
一人暮らしだから、寂しいんだろうな…

今度、弟たちを連れてくるから
怖がらなくても鬼なんかいないよ
大丈夫…
………でも、そういえば
ーうちの婆ちゃんも死ぬ前に同じこと言ってたな……ー
_朝_
炭治郎
炭治郎
ありがとうございました!
貴方
貴方
ありがとうございました〜!
貴方
貴方
炭治郎!早く帰らないとね!
ねずこちゃんも家族のみんなも
炭治郎のこと心配してるよ!
炭治郎
炭治郎
あなたもおんなじだろう!
幸せが崩れる時にはいつも
貴方
貴方
あはは!そうだね!
血の匂いがする
炭治郎
炭治郎
…?(クンクン)
!!あなた…
貴方
貴方
……うん…血の色が見える…
炭治郎は血の匂いした?
炭治郎
炭治郎
あぁ、急ごう!!



無事であってくれ…
炭治郎
炭治郎
はぁ……はぁ……
貴方
貴方
おかあ…さん…?
そこには血塗れのねずこと六太がいた。
炭治郎
炭治郎
うわぁぁっっ!!!
どうしたっ!どっどうしたんだ!!
何があった…(チラ)
家の中を見るとそこには血塗れになった家族がいた
炭治郎
炭治郎
母ちゃん…花子…竹雄…茂…ねずこ…六太…
一人ずつ触って脈を調べる。
…みんな…死んでしまったのか…?
ねずこ
ねずこ
ゔ…
炭治郎
炭治郎
!!!
ねずこ!!
良かった…ねずこだけ
まだ体に温もりがある!!
貴方
貴方
炭治郎!!私の家は全滅してた…炭治郎はっ?!
炭治郎
炭治郎
ねずこにだけまだ温もりがある!!
今から医者のところへ診せに行く!
貴方
貴方
ねずこちゃんが?!
分かった!!わたしもついて行く!!
急ごう!!
炭治郎
炭治郎
あぁ!!
お願いだねずこ…兄ちゃんをおいて逝かないでくれ…!!
なんでこんなことになったんだ?

熊か?
冬眠できなかった
熊が出たのか?
炭治郎
炭治郎
はぁっ…はぁっ!!
息が苦しい…
凍てついた空気で肺が痛い!!

前に進め!!もっと早く足を動かせ!!
まだまだ街まで距離があるんだぞ!
急げ!!!

死なせないからな…
ねずこ
ねずこ
(ピクッ)
絶対助ける
兄ちゃんが助けてやる!!
貴方
貴方
!!炭治郎!!
ねずこちゃんが…!!
ねずこ
ねずこ
グォォォォォ!!!!
炭治郎
炭治郎
!?(ズッ)
貴方
貴方
!?(ドンッ)
しまった!
滑っ…
ボスン!!
炭治郎
炭治郎
(た…助かった…雪で…滑ったのも雪だけど……)
貴方
貴方
(雪が積もってて良かった…)
二人))ねずこ/ちゃん!!!!
炭治郎
炭治郎
!!
貴方
貴方
!!


________________________
作者❄️⭐️🍑
作者❄️⭐️🍑
きり悪いけど、一旦きります!