無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
313
2020/07/18

第14話

第11話
(最終選別まで飛ばします)←
作者❄️⭐️🍑
作者❄️⭐️🍑
最終選別まで飛ばしちゃってごめんなさい!
錆兎と真菰ファンの皆様出せなくてすみません
炭治郎サイド
ついに最終選別まできた。あなたと一緒に。
錆兎や真菰、鱗滝さんに教えてもらったことを
ここで出す。ねずこを人間に戻すために。
鱗滝さんに作ってもらった厄除の面を触りながら辺りを見回す
貴方
貴方
わぁ…藤の花が綺麗…
炭治郎
炭治郎
そうだな…
凄い量の藤の花だ…咲く時期じゃないはずなのに…
貴方
貴方
あ…あの女の子可愛い…(蝶々の髪飾りの子)
炭治郎
炭治郎
凄い数の人だな…(話が噛み合ってない)
黒髪の子
黒髪の子
皆さま今宵は最終選別にお集まりいただきありがとうございます
白髪の子
白髪の子
ここから先は藤の花は咲いておりません。その中で7日間生き抜く。
それが合格条件でございます。
それでは、行ってらっしゃいませ
炭治郎
炭治郎
あなた、行こう。
貴方
貴方
うん。
こうして俺たちの最終選別が始まった
作者❄️⭐️🍑
作者❄️⭐️🍑
クソ短いけどここで切ります
次は色々飛ばして手鬼のところまで行きます
冨岡義勇
冨岡義勇
次(も見て)くれ