無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

645
2020/05/08

第3話

第二話
あなたside
二人で雪山を降りていく
貴方
貴方
今日も雪、すごいね〜
炭治郎
炭治郎
ああ、そうだな!
貴方
貴方
炭治郎って今、幸せ?
炭治郎
炭治郎
あぁ!もちろんだ!
生活は苦しいけどこうやって家族やあなたと
一緒にいれることが幸せだと俺は思うぞ!!
貴方
貴方
そっか〜
一緒だね!!
そんな他愛のない会話をしながら街に向かう
_山のふもとの町にて_
おばさん
おばさん
まぁ、炭治郎ちゃんとあなたちゃん!
こんな日に山を降りてきたのかい?
よく働くねぇ!
風邪ひくよ?
炭治郎
炭治郎
これくらい平気だ!
貴方
貴方
お気遣いありがとうございます!
炭治郎
炭治郎
炭はどうだ?
足りてるかい?
貴方
貴方
おけ、古くなってない?
要りますか?
おじさん
おじさん
おぉい!炭治郎!
炭を売ってくれ!
この間は、障子を張り替えてくれてありがとな!
おばさん2
おばさん2
あなたちゃん!
桶、売ってくれるかい?
ちょうど取り替えようと思っていたところなの!
二人))はい!
男の人
男の人
ちょ…うぉっ!
たぁんじろぉ!
あなたちゃん!
ちょうどよかったぁ!
皿を割った犯人にされてんだよぉ、俺!!
助けてくれよ!
かいでくれ!
炭治郎
炭治郎
(ふすふす)
…猫の匂いがする
貴方
貴方
うん…猫の色が見えるわ
男の人
男の人
ほらぁ!!
街の人
街の人
あぁら、猫なの?
男の人
男の人
俺じゃないって言っただろ!!
おじさん
おじさん
炭治郎、あなた
ちょっと荷物運ぶのを手伝ってくれねぇか?
二人))いいですよ!
_帰り道にて_
貴方
貴方
炭、売れて良かったね!!
炭治郎
炭治郎
ああ!あなたも桶、売れて良かったな!
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
こら、炭治郎、あなた!!
おめぇら、山に帰るつもりか?
あぶねぇからやめろ。
炭治郎
炭治郎
俺は鼻が効くから平気だよ!
貴方
貴方
わたしも、色が見えるから平気だよ!
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
家に泊めてやる
もどれ。
炭治郎
炭治郎
でも…
貴方
貴方
家族が待ってますし…
家に止めてくれた人
家に止めてくれた人
いいから来い!
………鬼が出るぞ
貴方
貴方
(この人、私たちの心配してくれてるのは分かるけど
ちょっと強引だな…←)
私たちはさぶろうおじさんの家に泊めてもらうことになった