無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,702
2018/08/17

第16話

うりまんね♀
~サイン会にて~

↓↓席順↓↓
RM¦JIN¦JIMIN¦YG¦JH¦TH¦あなた¦JK
1
あなたちゃん可愛すぎる~!!💕
あなた

ありがとう~
めっちゃ嬉しいです!!

armyの言葉に喜んでいると両横からぬいぐるみでめっちゃ叩かれた。
2人を睨んでみたけど知らん顔をしてarmyに愛嬌をしていたので私は1ちゃんと向き直ってまた話し始めた。
あなた

あっそういえば 1ちゃんは誰ペンなの??

1
えっと私は97zペンです…!!
あなた

わー!!!ありがとう~✨

1
グクとあなたちゃんの絡み大好きなんです!
あなた

ほんと!?
ぐがー!聞こえた??

JK
JK
聞こえた聞こえた
1ちゃんありがと!!
TH
TH
えー俺とあなたの絡みは好きじゃないの??
1
もっもちろん好きです!
あなた

今日はありがとう!!
また会おうね~!

そして休憩タイムに入った。

するとまたまた両横からポカポカぬいぐるみで叩かれた。睨んでも知らんぷりするので、私はジンヒョンのところに行った。
あなた

ジンヒョン…テヒョナヒョンとグクがいじめてきます~

JIN
JIN
こら!!2人ともいじめたらダメでしょ!
TH
TH
いじめてないですよ!
ねーぐが?
JK
JK
当たり前じゃないですか
ねぇーテヒョナヒョン!
JIN
JIN
あっそうなの??
JK
JK
だから戻ってこいよ
あなた

ジンヒョン!なんで信じるんですか!!

とグクの圧が凄すぎたので大人しく戻った。

するとぬいぐるみで叩かれることはなくなったが次はほっぺたをひたすらぷにぷにされた。
JK
JK
ぷにっぷにだな 笑
TH
TH
ホントだー!
ぷにぷにで気持ちいいね!
あなた

やめて~!!
遠回しにデブって言ってるでしょそれ!?

TH
TH
可愛いって褒めてるんだよ 笑
休憩を終えてまたサイン会が再開された。

しばらくするとテヒョナヒョンがぬいぐるみで一人芝居を始めた。私もぬいぐるみを持って2人で芝居をしているとグクが軽く私にデコピンをしてきた。
あなた

何をするんだ!!
あっわかったテヒョナヒョンとばっかり仲良くしてるから嫉妬してるんでしょ?可愛いでちゅね!

TH
TH
あーほんとグガ可愛いね!
かまってあげましゅよー??
JK
JK
違います
後で2人俺の部屋集合ね
TH
TH
心の底から!!!!!
あなた

申し訳ございませんでした!!!!!

そんなこんなでサイン会を終えた。
~after story~
JK
JK
ヒョン あなた 集合
みんな
みんな
(2人) はい
そう言って2人はグクの部屋へ行った。
YG
YG
あいつら何したんだ?
JM
JM
グガの目がマジだったよ 笑
その頃グク&あなたの部屋で二人はひたすら腹筋をさせられていた。

筋肉痛になったのはまた次の日のお話。