無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

✩。* *。✩
昨日、ジフナが急に怒ってきたから
帰って、すっごいテンション下がった


人のこと言っときながら自分も


喜怒哀楽分かりやすいんだろうな


なぜか、今日はいつもより2時間ほど早く起きれた
寝れなかったな、、
眠い


ーー会社
スニョン
ぉはようございます
社長
おはよう
今日なんか暗くないか?
スニョン
寝れなかったんです
社長
ほーん、、
仕事はキチッとやれよ
スニョン
了解です
そんなにも違うかな
いつもの俺が明るすぎるだけかな?
ウォヌ
おーい、スニョン
スニョン
あ、、ウォヌ
ウォヌ
テンション低っく!!
スニョン
そー
ウォヌ
え、、何があった、?ㅋ
スニョン
色々あったんだ
ウォヌ
ま、聞かないけど
いつでも俺に相談しろよー
じゃあな
スニョン
ありがと
ウォヌは俺の同僚で、俺の親友だ



あーあ、、つまんね
誰も、俺に構ってこない
話しかけるなオーラ出てるのか?


てか、、眠すぎる
仮眠室で寝てよっかな?
今から俺は、1時間半の余裕がある
寝ていよう


コンコン
スニョン
ん、、
入るぞ
スニョン
はい、、
あーここに居たか
スニョン
っ!?社長!?
社長
お前は、どんだけ疲れてるんだ
スニョン
すみませんっ!!
こっそり時計を見たら、
もう寝てから2時間が経っていた


1時間寝坊した、という事だ
スニョン
本当に申し訳ございません!!!
土下座をして謝った
社長
、、頭をあげるんだ
スニョン
、、は、はい
ゆっくりと頭を上げた
社長
幸い、お前の仕事はなかったが、、
お前にもし仕事があったら、
お前を、クビにしていただろう
スニョン
っっ!!
目を見開いた
社長
運が良かったな
今回は見逃すが、
次同じようなことがあったら、、
もう、わかってるな?
スニョン
十分承知しております!
社長
、、身だしなみを整えて
早く、仕事に戻れ
スニョン
ありがとうございます!
了解です!!


あーあ、、よかったよほんとに
クビになったらどうしよかと思った


もう、これからは仮眠室で寝ることはやめよう


ー仕事中
スニョン
社長、すみません、遅れました、、
急いで書いた資料を社長に恐る恐る見せる
社長
ん、ほお、、
、、、、いい出来だ
スニョン
ありがとうございますっっ
社長
ただし、お前は今日、、
残業きっちりしてもらうからな
スニョン
もちろんですっ!
社長
戻れ
スニョン
失礼しましたっ
誤字脱字なかったかな、、
などのいつもは絶対にしない、不安を抱いた


俺、今日おかしいな


ようやく気づいた


ー残業
なんか、俺だけなんですけどー
酷くない!?みんなっ!
俺を置いて先帰っちゃうなんて、、
そんなにも俺、喋りかけんなオーラ出てるっ!?


てか、全然進まねえ


さっきから、ジフナのことばっか、、
頭に入ってくる


どうしたら、ジフナを忘れれる?






































































































女作ればいいんだよ、、






そんなことが頭をよぎった


いやいやいやっっ!!!
なんてこと考えてるんだ!!


ジフナ以外に、、作れるかよっ!


はああ、、もうこんなことは考えないでおこう