無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

✩。* *。✩
今日からは長期の休みになった
都合が良すぎる
社長もなんか休みらしい、、
(作者ーこんなことまあないと思うけど
ハワイに行ってるんだってよ


だから、ジフナも俺が休みなことは知ってるはず
まあ、俺がいなくても痛くも痒くもないと思うし
逆に俺がいない方がジフナも楽だろう













彼女、、作ります


ーー
この前、告白された
ジフナがいるから、、もちろん断ったけど


その子を誘ってみようと思う


その子がどうしてもって言うから家督は持ってるんだ


10時に駅前のカフェで会わない?


そお送っといた
直ぐに既読がつき


行きます!


簡単なやつㅋ
最低だな、、俺
自覚した


ー10時


ちょうどにカフェに行くと、もう居た
女の子って絶対、男より先に来るからなあ
スニョン
よっ、
ユンジェ
あ、え、えっと、、お久しぶりですっ
スニョン
そーだな、、ごめん遅れた
ユンジェ
いえいえっ私が早かっただけです!
スニョン
そっかㅋじゃ、どっか行きたいことある?
ユンジェ
え、あ、いやっ
なんで、私を呼んだんですか、、?
コミュ障だ、、いや、緊張してるだけか?
スニョン
んー、、内緒っニコッ
ユンジェ
ウッ、、//そ、そうですかㅋㅋ
作者
これは、堕ちる
スニョン
じゃあさ、早く行こ?
ユンジェ
はい//
女の子のドキってする仕草とか


言葉とか調べてきたんだㅋㅋ


それを全部使ってやる
作者
やりおる


ーお別れ
作者
ごめんなさい飛ばしてばっかでTT
スニョン
あのさ、、彼氏とかっていんの?
ユンジェ
あ、いえっ、、いないです、、
欲しいんですけどねㅋ
スニョン
よかったぁ
ユンジェ
へっ?//
スニョン
あ、心の声がつい、、ㅋ
そんなこと微塵も思っていない
スニョン
前さ、、俺に言ってくれたじゃん?
ユンジェ
、、っ//
彼女は今、恥ずかしそうに俯いている
スニョン
あん時は、その、、
そういう事って言われたことが
少なかったん、でも、、な
ユンジェ
は、はい///
スニョン
あの日からユンジェちゃんのこと、、
気になりだしてな、
で、今日、確かめるために誘ったん
ユンジェ
っっ///
スニョン
俺、お前のこと、好きっぽい
彼女は、顔をこっちに向け目を見開いた
ユンジェ
ほ、ほんとっっですかっっ!?
スニョン
うん、好き
ユンジェ
うっ、、うぅぅぅ(T ^ T)
スニョン
お、おい、、泣くなよぉㅋㅋ
ユンジェ
だ、、って、嬉しくてっ
スニョン
、、俺じゃ、ダメ?
ユンジェ
全然っ、いいですっ
スニョン
よかった、今日から俺のもんだからな?
作者
グヘッッし、しぬっっ
ユンジェ
う、うんっっ


女は、簡単に堕ちる


はあ、作れてよかった


今日から俺の浮気相手だからな?


ーー1週間後
俺は、ジフナに気づいて欲しいって気持ちも込めて
SNSに彼女との写真を載せるようにした


ジフナは俺をフォローしてるし、、
もちろん、俺もジフナをフォローしてる


毎日、彼女に会ってる
ダルい、ガチめにだるい
なんで、好きでもないやつと毎日、


会わなくちゃいけないのか


俺もそろそろ仕事が始まる
だから、彼女に嘘つこうかな?
仕事始まったから、週一くらいでしか会えないって
彼女も、ずっと敬語だし、、


そんなズカズカ来る人じゃないし
おしとやか、というのか?
だから、そんな問いつめられることは無いだろう

彼女に言っといた


俺の予想通り


全然大丈夫です!お仕事頑張って💪


と、帰ってきた


優しいやつだ


俺の餌食になって、可哀想に、、





明日は、ジフナに会いに行こうかな?