無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
65
2021/07/21

第1話

深澤辰哉
あなたside

私には5歳年上の彼氏がいる。

合コンで一目惚れして私からアタックして連絡先を貰い何度目かのお出かけで私から告白してOKを貰い付き合った。

彼は優しくて周りの人への気遣いがすごくてとても大人でみんなから愛される人で友達も多い。

だからこそ不安になる。

こんな私が彼女でいいのか、釣り合っているのか、本当に彼は私のことが好きなのか…。


彼が冷たいとか相手してくれないとかそういうことでは無い。今もデートで水族館にきている。

むしろ連絡はくれるし、優しくもしてくれる。

だけどそれは彼が優しいからなのではないか、そう思えてきてしまっている。

彼はいつも余裕なのに私ばかりすきが溢れて余裕がない。こういう所が子供なんだろう。
あなた

フゥ

深澤辰哉
うん?どうした?歩くの疲れちゃった?
あなた

あ、ううん!違うの!なんでもない!
すごく楽しいよ!

深澤辰哉
そう?なら良かったけど...
でもやっぱりあそこのベンチに座ろうか笑
そう言って気にかけてくれる彼は本当に優しい。
あなた

ありがとう

深澤辰哉
うん?なんのこと?笑
あなた

本当に優しいね、辰哉くんは。

深澤辰哉
そうか?笑
あなた

うん、優しくて気遣いが上手なところ、好きだよ

深澤辰哉
フハッなんかあなたにそう言われると照れるな笑
深澤辰哉
でさ、なんか悩んでることでもある?
いつもよりちょっと元気ないよね?
なんでもいいから話してみ?
あなた

いや、これはなんて言うか...

深澤辰哉
嫌じゃないなら話して欲しいな?
元気ないあなた見てると俺も辛い
あなた

分かった...でも聞いて怒ったり呆れたりしない...?

深澤辰哉
大丈夫だよ(頭ポンポン)
あなた

あのね、心配になっちゃったの。

深澤辰哉
なにが?
あなた

辰哉くんは誰にでも優しくて気遣いがすごくて大人でみんなから愛されるような素敵な人だから。
私が彼女でいいのか、釣り合っているのかなって。告白も言葉で伝えるのも全部私からだったから私ばっかり好きで辰哉くんは本当はそうでも無いのかなって。そんなこと考えちゃう自分がまた嫌で子供だなって...もっと大人にならなきゃって...そう考えてたの。

深澤辰哉
そうか、そんなこと考えてたんだね。
ごめん、俺のせいだね
あなた

いや、そんなことな...

深澤辰哉
俺、やっぱり年上だからさ大人でいなきゃ余裕出してなきゃって思ってたんだ。
言葉で伝えなくても行動で伝わってるって思ってたけど違ってたんだね。
俺、本当は余裕なんてないし本当は俺だけのあなたにしたいなんて思ってる。こんなこと言われたら気持ち悪いかもだけど笑
でも本当に俺、あなたが思ってる以上にあなたのこと好きだよ。
あなた

そうだったんだね...!
嬉しい///

深澤辰哉
フハッ照れてるあなたもかわぁい
深澤辰哉
よしっ!
これからあなたを不安にさせないためにも言葉でも行動でも愛情伝えていくから覚悟しろよ!笑
そう言ってニッコリ微笑んで私の頭を撫でる辰哉くんにキュンとしてこの先が別の意味で心配になった笑

私の心臓は果たして持つのだろうか...

深澤辰哉
じゃあ悩みも解決したし休めたし行こっか!
あなた

うん!

そう言って立って差し伸べてきた手をとるとグッと引き寄せられ抱きしめられた。
突然のことに驚いていると耳元で
深澤辰哉
大好き
あなた

...///

あなた

わ、私も///

深澤辰哉
本当にかぁわいい
それから大人な辰哉くんは甘々彼氏になりました笑

[END]