無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第295話

うん。
作者   つきみ
作者 つきみ
あんね、マイクラ人狼の日常コラボの時が丁度私誕生日だったのよ
作者   つきみ
作者 つきみ
何かそのこと思い出すと
「誕生日楽しかったぁ」とか
「小学校に戻りたい…」
って言う気持ちが込み上げてきた
作者   つきみ
作者 つきみ
…永遠に小学生だったら良かったのに…
…めっちゃ涙出る
作者   つきみ
作者 つきみ
まあ卒業式で泣かなかったのは本番前に5人(背の順の後ろの人達)くらいで全く関係ない話して笑ってたからムードがね…()
作者   つきみ
作者 つきみ
…あれだったのよ←なんだよ