無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

No.16 さすが!
平野 紫耀
平野 紫耀
ちょっといいですか?
先輩
先輩
はい…
平野 紫耀
平野 紫耀
何やってんの?
先輩
先輩
えっ、あの、いや…
平野 紫耀
平野 紫耀
だから、あなたは幼なじみで、優希は大事な友達なのね
そのあなたと優希に何やってたのって言ってるんだけど
永瀬 廉
永瀬 廉
あと、そこの男子2人もな
逃げ出そうとしてもむだめやからな〜こっちにはあなたがおるんやからな
逃げ出そうとしたらあなたに一発やってもらうからな
(なまえ)
あなた
大丈夫かな?体なまってないかな?
高橋 優希
高橋 優希
いや、あなたノリノリすぎっ‪w
永瀬 廉
永瀬 廉
‪w1番の得意技は?
(なまえ)
あなた
背負い投げだよ!
紫耀投げ飛ばしたことあるから自信ある!
平野 紫耀
平野 紫耀
あれはまじで気をつけた方がいいよ
めちゃめちゃ痛かった、、
背負い投げやられて、あの時 あなたを
敵にしちゃダメだなって思った‪w
永瀬 廉
永瀬 廉
どうするー?その御三方
このまま逃げてあなたの背負投を受けるか、自分がさっきやった事を言うかやねー
先輩
先輩
私、紫耀くんのことがずっと好きで、いきなりあなたと優希が呼ばれて言ったから気に食わなくてで、殴ろうとした。
平野 紫耀
平野 紫耀
お前っっやっていいこととダメなことがあるだろ!お前自分が何やったかわかってんのか!
紫耀が殴りにかかろうとするから私はとっさに紫耀の腕を後ろにまわし掴み身動きを取れなくした。
永瀬 廉
永瀬 廉
おーあなたさすがっ!
平野 紫耀
平野 紫耀
あなた!痛いよ!
(なまえ)
あなた
あーごめんごめん
でも、私がせっかく我慢したんだからそれを水の泡にしようとしないで!
私だって殴ろうと思えばすぐに殴れるんだから
平野 紫耀
平野 紫耀
そうだよな…ごめん…
永瀬 廉
永瀬 廉
で?その男子二人は?
(なまえ)
あなた
うん!そうだったよ
平野 紫耀
平野 紫耀
あなたが言うんだったらいっか
じゃああなた!優希!これから練習行くぞ!
(なまえ)
あなた
えっ?まだ授業全部受けてないよ?
今日は授業全部受けてからの予定じゃ?
平野 紫耀
平野 紫耀
ジャニーさんから聞いてないのか?
(なまえ)
あなた
えっ?
平野 紫耀
平野 紫耀
たまにいきなり時間が早まったりするんだよ
今日がそれってこと
高橋 優希
高橋 優希
おーなるほど
永瀬 廉
永瀬 廉
そうなんよ、あなたと優希、知らんかったんか?
(なまえ)&優希
あなた&優希
知らなかったよ〜
(なまえ)
あなた
じゃあとりあえず行こう
海人は大丈夫なの?
永瀬 廉
永瀬 廉
海人も連絡来てると思うよ
高橋 優希
高橋 優希
よし!じゃあ行こーー
平野 紫耀
平野 紫耀
そこの3人、これ以上あなたと優希になんかしたら今度こそただじゃおかねぇからな
覚えとけよ
モブ(3人)
あっはい、すみませんでした。











……To be continued