無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

No.25 胸のチクチク
やっほ〜あなたでーす




今回は海人sideです!



お話の都合上今回はめちゃめちゃ短くなる予定って作者が言ってたよ〜



では!storyへ

let's go!
---------------------------------キリトリ線-------------------------------
海人side


さっき紫耀があなたに告白するって言う話しをした時ちょっと胸がチクッてなった



なんでだろう



体調も悪くないし…




俺、こんなの初めて




多分…





多分だけど、



俺はあなたが好きなんだ




でも俺が紫耀に勝てっこないよな





あなたは俺に対して弟みたいな感じだし




あぁーーーーーーーーーーー




どうしよう





こんなことで悩むなんて俺らしくないよ






あなたに告白してさっさと振られようかな





でも、そしたら、話す時とか気まづくなったりするのかな



そしたら俺もやだし!それにあなた、めちゃめちゃ気にしそうだな



やっぱりこの気持ちにはフタをしといた方がいいな




でも、もし、あなたが紫耀のことで泣くようなことがあったらすぐに奪いに行くんだから!




紫耀!覚悟しとけよ〜!
---------------------------------キリトリ線-------------------------------
ai
ai
おはよう!こんにちは!こんばんは!
作者のaiです!
ai
ai
昨日2個あげるとか言ってあげなくてごめんなさい!!!!!

あげるあげる詐欺しました🙇‍♂️🙇‍♂️
ai
ai
なのでと言ってはなんですが深夜に失礼します!
ai
ai
では!次回もお楽しみに!
ai
ai
では!せーのっ
King&Prince
King&Prince
King&Princeでした〜!