無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

#36
【好きだよ】side壱馬
『___あなた、好きだよ』

真っ直ぐ、あなただけを見て言う。

理解が出来ていないのか、
マイクを落としたまま俺を見つめるあなた。

『マイク落としたよ』

あなた「へっ、あ…ごめん」

『理解できてる?』

あなた「いや、ちょっと…あの、なに?」

マイクを通してのやりとりに大爆笑の会場。
あなたに近づいて俺の方を向かせる。


『どうしようもないくらいにあなたが好きだよ。
幼馴染…は、もう卒業、バイバイ。
これからは俺の彼女として隣にいてくれる?』


顔を真っ赤にさせながら涙をためるあなた。
ちょっと意地悪したくなる。

『真っ赤だよ。返事は?』

あなた「うん」

うん、って…笑

あなた「…口悪いし、冷たいし」

おい。悪口じゃん

あなた「だけど、ほんとは優しくて、
“馬鹿だな”って言いながらもいっつも助けてくれる、
壱馬が、大好きです」

ふにゃっと笑ったあなたを抱きしめてキスをした。

あーぁ、返事なんか聞くんじゃなかった。
すっげー照れるわ、これ。