無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

#57
【紹介】sideあなた
『…壱馬、』

壱馬「ん…どうした?」

名前を呼ぶと、
私を抱き寄せたまま、顔を近づけて柔らかく微笑む。

その笑顔が甘すぎて私はノックアウト寸前。

『みなさんの顔、見て』

壱馬「!忘れてた…ここ楽屋だった、、」

うわ恥ず、と顔を覆った壱馬。

メンバーはそんな壱馬にニヤニヤ、ポカンという表情を浮かべている。

LIKIYA「えっ、と…どゆこと?!笑」

山彰「友達、ではないか笑」

私の隣でメンバーに向かい合うようにして立つ壱馬。
北ちゃんと翔吾は、嬉しそうにニコニコしている。

壱馬「彼女、です」

RMPG「えぇっ?!!」

壱馬「今まで黙っててすみません!」

陣「驚いたなー笑」

壱馬「高校の時からで。その、ランページになってからとかじゃないんで…ほんとに候補生になってから一度も会えてないですし、」

LIKIYA「わかってるよ、大丈夫。
壱馬、怒られるとでも思ってたの?」

少し緊張していたような壱馬も、
LIKIYAさんの笑顔にようやく肩の力が抜けた。

壱馬「えっと…はい、」


照れくさそうに笑った壱馬が笑って、手を握った。