無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

#54
【初めまして】sideあなた
目が合うと、
綺麗な顔に“困惑”の2文字を浮かべている壱馬。
北ちゃんなんて、えっ?って言ってるし、
翔吾もただ驚いてる。

『初めまして。今日から、 THERAMPAGEさんのマネージャーとしてお世話になります、町田です。』

ふふ、と笑いがこぼれそうになったけど、
どうにか堪えてメンバーの方に向き直り挨拶をする。

RMPG「よろしくお願いしまーす‼︎」

スタッフ「じゃあ後は」

『はい、ありがとうございました』

お礼を言うと他の仕事に向かったスタッフさん。

RMPG「でも…急っすね?!」

LIKIYA「たしかにこの時期にって…珍しいですね」

『そー…ですね』

その指摘に苦笑いで答える。

実は… 短大を卒業後、就職して約3年。
(その就職先がLDHなんですが)

2ヶ月くらい前にはマネージャーになることは決まっていたんだけど、その数週間前に急遽通訳が必要だからと“project taro”の現地でのミーティングの通訳に。

それでマネージャー業に移るのが遅れてしまった。

勿論、
LDHで働いてたことも壱馬たちは知らないけどね?